通信制高校学費一括比較

電卓をもつ女子学生
通信制高校はただ通常の高等学校同様の学力を身に付け卒業する為の場所ではなく、あなたの悩みや卒業後の進路相談などをきいてくれるカウンセラーの方や先生、あなたの個性を伸ばし新たな才能を開花させる多彩なカリキュラムや専門分野、通常の高校では体験し難い貴重な合宿体験、そして通信制でしかありえなかった出会いといった多くの魅力が待っています。その為通信制を選ぶ上で大切なのは個性豊かな学校の中から如何にあなたにあった環境の学校に通う事ができるかどうかです。

・通信高校によって違いがある

それでもやっぱり学費がいくらかかるか、というのは気になる所ですよね。通信制高校には性質的には塾に近いような学校から殆ど専門学校のような所もあり、学校によってかかる学費や毛色が大きく異なります。また学費の内約も同じ通信制でもやっている事が全く異なる為統一感が無く、比較するのが難しい所です。そこで当サイトがオススメする通信制高校に実際に通う事になった場合どのくらいの学費がかかるのかを一覧にしてみました。閲覧者様の通信制選びの参考に少しでもなれば幸いです。


・通信制高校の学費を比べる

通信制高校にかかる料金は大きく選考費、入学費、授業費、そして教材費や施設費といった諸経費にわける事ができます。まず選考費は通信制に申し込む為に必要な費用であり、受験代などと呼ばれる事があります。入学費は名前の通り入学にかかる費用でこの場合は広義に初年度のみ発生する費用とします。また授業料は多くの場合1単位毎の料金となっていますが学校によってその計算方法は異なります。総額計算の際は卒業の条件が3年以上、74単位となっている為、初年度に「25単位」履修するのとして計算しています。なお、多くの場合別途教材費や施設費、教育充実費などが発生するものの学校によってはこれらが無い所や、かなり特殊な名称で扱っている学校もある為諸経費としてまとめます。そして総額は基本的には最低料金を前提とした価格を表示しています。これらを踏まえた上で下記の表を参考にしてください。

学校名 参考費 入学費 授業費 諸経費 総額
ルネサンス高等学校 10,000円 5万円 1万円/単 「施設設備費」20,000円
「教育関連諸費」60,000円
~260,000円
備考 初年度のみ。デジタルネット学習教材費が発生。(免除措置あり)
別途スクーリング費が有り。
総額は就学支援金120,300円を差し引いた金額です。
第一学院高等学校 10,000円 10,000円 10,000円/単 「指導関連費」30,000円
「ライブキット費」20,000円
321,000円
備考 学費は総合学科 本科「通信コース」に通ったものとする。
「スクーリング代」が別途発生
学校法人佐藤学園 ヒューマンキャンパス高等学校 15,000円 0円 8,500円/単 「施設関連費」60,000円
「教科関連費」32,000円
349,500円~
409,500円
備考 「一般通信制課程」に通ったものとする。
「スクーリング費」3万~9万円が別途発生
KTC中央高等学院 備考 ※コースにより異なる
別途入学する事になる通信制高校「屋久島おおぞら高等学校」の学費が発生
鹿島学園高等学校 10,000円 50,000円 7,000円/単 「通信関連費」2,000円
「施設関連費」24,000円
261,000円~
備考 別途「教科書代」が発生、「体験学習費」は含まないものとする。「科目履修費」9,000円/単(入学金不要)
飛鳥未来高等学校 10,000円 10,000円 8,000円/単 「教材関連費」3,000円
「施設関連費」60,000円
「教育関連費」100,000円
416,000円
備考 授業費は「ベーシックコース」に通ったものとする。
総額は12教科履修したものとして計算。
中京高等学校 13,000円 30,000円 8,000円/単 「施設関連費」20,000円 263,000円~
備考 「教材関連費」「実習費」が別途発生。
翔洋学園高等学校 5,000円 0円 8,000円/単 「施設関連費」34,000円 239,000円~
備考 「教材関連費」が別途発生。なお学費は
奨学支援金によって減額された額の開示である。
代々木アニメーション学院高等部 -円 150,000円 350,000円/年 「諸経費」20,000円 520,000円~
備考 授業費は「高等課程コース」に通ったものとする。
授業費は通信制高校学費を含んだ物とする。
北海道芸術高等学校 20,000円 25,000円 174,000円/年 「教育関連費」25,000円 244,000円
備考 授業費は「自宅学習スタイル」に通ったものとする。
芸術コースの学費はキャンパスによって異なる。
情報学館 -円 50,000円 50,000円/年 「設備教材費」50,000円 300,000円~
備考 授業費は「土曜日コース」に通ったものとする。
なお、「通信制高校学費」15万~20万円が別途発生。
司学館高等学校 10,000円 65,000円 「運営関連費」22,000円 429,000円
備考 「教材関連費」が別途必要。授業費は公式の
シミュレーターに基づき332,000円で計算。

・学費に関する諸注意

またこれらの学費は基本的に一般コースやベーシックコースと呼ばれる通常のカリキュラムを履修した際の料金設定になります。例えばベーシックコースより投稿日数の多い週2日のコースや週5日のコースを選ぶ事でもっと学費が高くなる所もあるでしょう。また専門コースを選択する事によって実習費などが別途かかる通信制高校も多くあります。

・サポート校は別途学費がかかる

なお一覧では通信制高校での卒業や学習支援を目的とした「サポート校」の案内もあわせて紹介しています。サポート校は通信制高校での学習を強力にサポートしますが、サポート校単独では高校の卒業資格を取る事ができませんので利用の際は必ず通信制と併用するようお願いします。

・「就学支援金」の対象となる通信制高校

また一部の学校は就学支援金対象校である為、申請が通れば学費の一部を負担してもらえる学校や、設定金額があらかじめ就学支援金によって安くなっている学校もあります。これらの事から一概に学費は正確な数字が算出し辛く時期やキャンパス、履修単位数や専攻コースによっても違ってくるので総額は暫定的なものとなります、その為総額は一つの参考程度にお考えください。


学費の安い高校へ資料請求する