評判の良い通信制高校とは?

高校、評判

通信制高校への入学を考えている方。どのような高校生活を送るかはどの通信制高校を選ぶかにかかっていることをご存知でしょうか?通信制高校選びで貴重な高校生活を台無しにしたくないですよね。今回は評判の良い通信制高校についてご紹介します。

評判の良い通信制高校は?

全日制高校でも同様のことが言えますが、通信制高校の評判は学校によってピンからキリまであります。公立か私立かによってもその評判は大きく変わるのです。

この章では公立と私立に分けて、通信制高校の評判をメリット・デメリットという形でご紹介します。

公立の通信制高校の評判

学費が安く、経済的な面で通いやすい

公立の通信制高校の評判は何といっても学費が安く、経済的な面で通いやすいという点です。公立の場合、10万円あれば卒業まで通うことができると言われています。通信制高校を卒業するために74単位必要と言われているため、1単位の授業料に直すと180円~1200円です。

公立の通信制高校であれば労働時間が確保できることに加え学費も安いため、経済的な理由で全日制高校に通うことができない方におすすめです。

私立に比べ卒業率、進学率が低い

しかし、学費が安いのには大きな理由があります。学校の設備教員の指導の質で私立の通信制高校と大きな差があります。

学習環境やサポート体制が整っていないことで、卒業率や進学率も低く、公立の通信制高校の中には卒業率が1割に満たない高校もあります。

公立の通信制高校は経済的な面で通いやすいことがメリットですが、卒業率や進学率は低く、進路サポートが整っていない高校が多いと言えます。

私立の通信制高校の評判

学習、不登校対策、進路などあらゆるサポート体制が整っている

私立の通信制高校はサポート体制の手厚さで評判が高いです。不登校のサポート、進路指導のサポート、資格のサポート、卒業のサポートなど、サポートの種類は幅広く、卒業率や進学率も公立に比べて高いことが特徴です。

学費が高い

全日制高校と同様、通信制高校も私立は学費が高いです。授業料は1単位当たり6000円以上かかり、公立の通信制高校が1単位当たり180円~1200円と考えるとその差は一目瞭然ですね。

私立の通信制高校はサポート体制が整っているため卒業率や進学率が高いことがメリットです。しかし、その分学費が高いため経済的に余裕がない方は公立の通信制高校を選び、高校卒業資格を取得することをおすすめします。

公立高校の進学率は全体的に見て1割ほどですが、学校によって異なるため通学可能な範囲で進学率の高い公立の通信制高校がないかを確認してみましょう。

通信制高校には3種類ある

通信制高校は大きく分けて3種類に分類することができます。

不登校の方も通いやすいと評判の通信制高校3校

通信制高校に通う方は、過去に不登校を経験した方が多いです。そのため定期的にあるスクーリング日に登校できなくなり、高校卒業資格を取得できなくなってしまう方もいるのです。
進学するにしても就職するにしても高校卒業資格は必要です。不登校のサポート体制が整っている通信制高校は、学校にカウンセラーが常駐している、あるいは在学中に登校日数を変更することができます。

不登校のサポート体制が整っている通信制高校
飛鳥未来高等学校鹿島学園高等学校聖進学院

進路指導が手厚いと評判の通信制高校3校

「通信制高校から進学は可能なの?」と疑問に思っている方は多いと思います。公立の通信制高校の大学進学率は10.0%ですが、私立の通信制高校の大学進学率は18.1%です。専門学校は公立が14.4%、私立が26.4%と大学進学率に比べて高くなります。以下は大学進学率の高い私立の通信制高校です。通信制高校の進路についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。⇒通信制高校から大学進学は可能?

進路サポートが手厚い通信制高校
トライ式高等学院第一高等学校KTC中央高等学院

専門科目が豊富と評判の通信制高校2校

通信制高校の魅力は、通常の科目に加えて専門科目を履修できる点です。専門科目は美容コースや調理コースなど選択することができて、提携の専門学校にスムーズに入学することができる通信制高校もあります。
高校時代にやりたいことを見つけ、専門学校でその道を極めることができるのも通信制高校の魅力です。

専門科目が豊富な通信制高校
ルネサンス高校ヒューマンアカデミー高校

自分に合った通信制高校選べば高校生活は充実する

通信制高校の中でも特徴・評判は様々ということがお分かりいただけたでしょうか?自分に合った通信制高校を選ぶには、現在の生活環境や精神状態を見つめ直す必要があります。

大切なのは通信制高校で何を学んだか

通信制高校選びも大切ですが、それ以上に大切なのは通信制高校でどのように過ごし今後何をしていくかを見つけることです。サポート体制の整った私立の通信制高校を選ぶならその分学費もかかります。
家族と相談し、通信制高校に通う目的を明確にしてから学校を選びましょう。