卒業資格の取得方法と通信制高校選びのポイント

卒業

高校卒業資格は高校を中退した後でも取得することができます。
卒業資格を取得しているとしていないとでは、その後の進路を大きく左右します。
では、高校中退後を含め、どのような方法で卒業資格を取得するのが効率的なのでしょうか?
今回は卒業資格の取得方法と卒業資格を取得しやすい通信制高校選びのポイントをご紹介します。

通信制高校の卒業資格は全日制高校と違うの?

通信制高校の卒業資格は全日制高校と全く同じものです。「そもそも卒業資格とは何か?」という方もいらっしゃると思うのでご紹介します。

高校卒業資格とは?

高校卒業資格とは、高等学校を卒業したことを指す資格です。
高校を卒業したと認められるためには、法に従って設立・運営されている高等学校に通い、そこで単位を取得し卒業する必要があります。
高校卒業資格は全日制高校、通信制高校、定時制高校で取得可能ですが、どの課程でも同じ卒業資格を取得することができます。
そのため、通信制高校を卒業した方が全日制高校を卒業した方より就職などで不利になることは基本的にはありません

高校卒業資格を持っていれば就職や進学がしやすい

高校卒業資格を取得していると、就職の幅が広がります。応募資格を「高校卒業以上」としている企業の求人数は、「中学校卒業以上」としている企業に比べて断然多いのです。希望の職種で正社員として働くことができる、あるいは福利厚生が整っている企業で働きやすくなります。

通信制高校で卒業資格を取得する条件

進路の幅を広げるためには卒業資格は取得したいですよね。しかし、様々な事情で全日制高校に通うことができない方も多いと思います。そこでおすすめしたいのが通信制高校への入学です。
通信制高校で卒業資格を取得するためには、在籍期間3年以上科目修得74単位特別活動30単位の条件を満たす必要があります。

3年以上の在籍期間を満たしている

通信制高校、全日制高校、定時制高校どの課程でも、最低3年間の在籍期間を満たしている必要があります。高校中退している方も、転入する方も以前の高校の在籍期間を引き継ぐことができます

科目修得74単位以上である

通信制高校はレポート提出、スクーリング、試験の3つを繰り返し、科目修得を行います。

レポート提出

レポートは普段から授業を進めていれば十分にこなせる内容です。しかし、1単位につき3通、年間50~60通程度のレポートを提出しなければならないので、難易度よりも期限に間に合わせるのに苦労する方が多いようです。
毎日勉強時間を確保して、計画的に授業を進めていくことがレポート提出のポイントです。

スクーリング

スクーリングには通学型通信制型集中スクーリング型の3つのタイプがあります。
最も頻度が多いのは通学型で多いところは全日制高校と同じ日数で登校します。通信制高校のスクーリングとして代表的なのが月に数回の通信制型です。不登校や学校へ滅多に登校できない方も通える集中スクーリング型は年に数回の登校や合宿形式でスクーリングを行います。

単位認定試験

単位認定試験は、レポート提出、スクーリングを行った後に行われるテストです。しかし、単位取得のためには試験よりもレポートやスクーリングの方が重要です。

特別活動30単位以上

特別活動とは、体育祭や文化祭などの学校行事、ホームルーム、入学式や卒業式、体験学習、クラブ活動などが挙げられます。これは単位というよりも30単位分の時間以上参加しているかどうかで判断されます。積極的に参加しましょう。

進路の幅を広げる2つの方法

続いて、進路の幅を広げるための2つの方法をご紹介します。高校卒業後の進路として多いのが進学就職です。
今回は、高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)と通信制高校への編入についてご紹介します。

① 高等学校卒業程度認定試験を受ける

高卒認定試験とは、高校を卒業していない方が受ける試験のことを指します。試験に合格すると「高等学校卒業と同程度の学力を有する」ことが国から認められます。
高校卒業後の進路についてはこちらの記事をご覧ください。
⇒『卒業とその後の進路

ここで注意していただきたいことは高卒認定試験に合格しただけでは卒業資格は得られないということです。そのため就職の際、「高校卒業資格を取得している者」を条件としている場合、応募することができないので注意しましょう。
進学する場合は、高卒認定試験に合格すれば受験資格を得ることができるので問題ありません。

② 通信制高校へ入学する

通信制高校を卒業することができれば卒業資格を取得することができます。
卒業資格を取得できること以外にも通信制高校に通うメリットはあります。
基礎知識や専門知識の習得友人や教師との出会い、自宅にいるだけでは得られない楽しみや喜び、感動も通信制高校でなら味わうことができます。

次章では通信制高校の特徴とともに、高校卒業資格が取得しやすい通信制高校選びのポイントをご紹介します。

高校卒業資格が取得しやすい通信制高校選び

通信制高校に入学しても、途中で挫折し卒業資格が取得できない方もいます。そのような方は通信制高校の選び方を間違ってしまっていることが多いのです。
今回は高校卒業資格が取得しやすい通信制高校選びのポイントをご紹介します。

不登校サポートが整っている通信制高校を選ぶ

不登校サポートとして、カウンセラーが常駐している学校も多いです。そのような学校は生徒やその家族が悩みを気軽に相談することができるので、問題の早期発見や早期解決に繋がりやすく中退者を最小限に抑えることができます。

生活リズムに合うスクーリング日数の通信制高校を選ぶ

先ほどもお話ししたように通信制高校に通う方は、過去に不登校を経験している方が多いです。そのような方は週に5日間登校する全日制高校には通うことはできません。
しかし、通信制高校は登校日が週に1日、月に1日、年に数回など頻度が少ないのが特徴です。

ご本人の精神状態や身体の問題、生活リズムなどを考慮して、スクーリング日数を優先して通信制高校を選ぶと、無理なく卒業まで通うことができます。

様々な学科やコースが揃っている通信制高校を選ぶ

通信制高校は一般科目の他に専門科目が充実している点も特徴です。専門科目は美容コース、調理コース、イラスト・漫画家コース、情報通信コースなど幅広く用意されています。
専門科目を履修する過程で、興味のある分野、熱中して勉強できる科目を見つければ、学校を途中でやめるなんてことは起こりにくいですよね。

卒業資格を取得することも大切ですが、将来どのようなことをしたいのかまで考えると、通信制高校へ通う意味を見出しやすくなるはずです。