通信制高校の学費を比較してみよう

通信制高校は普通の全日制の高校とは異なるため、学費のシステムも異なってきます。そこで、少しわかりづらい学費の基本的な仕組みを知って、比較してみましょう。


・通信制高校の学費システム

ほとんどの通信制高校では、授業は生徒ごとに好きなものを選択していく単位制となっています。生徒の中には、社会人や主婦といったひともいるように、生活スタイルにも幅がありますので、選択する授業の数も異なってきます。そのため、通信制高校では、どれだけ授業を取ったかによって学校に納める授業料にも違いが出てきます。ただし、卒業までには最低74単位が必要となるので、最終的にはそれほど違いは出てきません。その他、スクーリングにかかる費用や設備維持費などの学校によって固定費用が存在するので、詳しい学費については学校の資料を見て比べてみましょう。


・年間の授業料は?

通信制高校において年間でかかってくる費用は、固定費用+授業料などの変動する費用となります。固定費用に関しては一概には言えませんが、こと授業料に関しては、1単位当たり7,000円~10,000円が相場となっています。3年間で卒業をするためには一年間で25単位ほど必要なので、おおよそ175,000円~250,000円が年間でかかります。ただし、これは高校無償化ともいわれる就学支援サポートによって免除される部分を適用していない金額ですので注意してください。