通信制高校の学費支援制度はどんなもの?

通信制高校でも、全国の年収910万円以下の家庭が受けることのできる高校の学費援助制度の、就学支援金制度を利用することができます。国からの支援が、世帯年収で制限されることに関する賛否は今もありますが、現時点で利用できるのは年収が910万円以下の家庭となっています。


通信制高校の就学支援金は1単位4812円

通信制高校では単位制を利用する高校がほとんどとなることから、学費支援は年間の金額ではなく、単位の数などで決められることとなるそうです。1単位につき4812円、上限は卒業に必要な最低単位の74単位分の支給となっています。この単位にかかる費用は、申し込みの段階でかかるものです。修得した単位の数かかるお金ではないので注意しましょう。


単位の値段は学校で大きな違いがあるもの

私立では1単位の値段を自由に定めているため、選ぶ通信制高校で大きな違いが出るといえます。安いところでは6000円程度から、1単位が1万円以上かかるという通信制高校もありますから、学校選びでは、1単位分の値段を考えましょう。また集中スクーリングで宿泊学校などを利用する場合には、その費用が別途必要という場合もあるので、パンフレットに書いてある以外にかかるお金があるかの確認も必要です。