タイミングが鍵!通信制高校の転入・編入の時期は?

編入

通信制高校へ転入・編入をお考えのあなた。どのタイミングで通信制高校を決めるのか、いつ入学するのかで卒業の時期まで大きく変わってきます。また、転入なのか編入なのかでも在学期間が異なってくるのです。今回は通信制高校への転入・編入が可能な時期や通信制高校の選び方をご紹介します。

高校の転入・編入とは?

まず初めに、通信制高校の転入と編入の違いについてご説明します。なんとなく使い分けていた2つの言葉。実は大きな違いがあるのをご存知でしょうか?

転入とは?

転入とは、別の高校(全日制高校or定時制高校or通信制高校)から別の高校へ入学することを指します。転校と同じように、以前いた高校は退学せずにそのままもう一方の高校へ移るため、在籍日数や単位数などを引き継ぐことができます。

全日制高校から通信制高校への転入

全日制高校から通信制高校への転入は比較的容易です。通信制高校は単位制を取り入れており、レポート提出を中心とした個人学習を取り入れているためです。集団授業の場合は授業の進むスピードや範囲の進め方など高校によって異なりますが、個人学習にはその心配はありません。

通信制高校から全日制高校への転入

通信制高校から全日制高校への転入は困難です。ほとんどの全日制高校は学年制を取り入れており、学習内容やスピードが異なります。そのため、授業についていけなくなるなどの問題が発生します。通信制高校から全日制高校への転入は根気よく予習・復習を行うことが大切です。

また、これまで個人学習を進めてきた方にとって全日制高校は全く異なる環境です。勉強以外にも、最初は人間関係で悩む方もいるかもしれません。高校のクラスではグループを作る傾向があるため、学年の変わり目である4月に転入するのがクラスに溶け込むにはハードルが低いと言えるでしょう。

編入とは?

編入とは、一度高校を中退した方が改めて高校へ入学することを指します。編入も転入と同様に高校での単位を引き継ぐことができます。しかし中退した学年の単位は引き継ぐことができないため注意しましょう。高校1年生で中退した場合は、単位はないため、新入生募集時期に再度受験をする必要があります。全日制高校でも学年制を取り入れている学校と単位制を取り入れている学校では卒業までの期間も異なってきます。

通信制高校への転入・編入が可能な時期は?

続いて、通信制高校への転入や編入が可能な時期をご紹介します。

通信制高校への転入可能時期

通信制高校の転入は常に可能です。不登校状態でも退学していなければ転入扱いになります。

通信制高校への編入可能時期

通信制高校への編入可能時期は4月と10月あるいは転入と同じように常に受け付けています

転入と編入で卒業時期が異なる

転入と編入で通信制高校へ入学可能な時期が変わることがお分かりいただけたかと思います。転入と編入とでは、卒業時期も変わってくるのです。引き継げる単位数や在籍日数も通信制高校の卒業では重要になります。現在不登校で退学しようか通信制高校へ編入しようか悩んでいる方もいるかと思いますが、早めに通信制高校へ編入して、できるだけ短期間で卒業することをおすすめします。

転入・編入する通信制高校選びの4つのポイント

転入・編入するためには「行きたい!」と思える通信制高校を選ばなければなりません。国内には様々な通信制高校があります。やみくもに選ぼうとしては通信制高校の魅力がよくわからないまま入学することになってしまいます。

通信制高校は4種類に分類することができるのをご存知でしょうか?4種類の中でどの特徴に重きを置くのかよく考えながらピッタリの通信制高校を探しましょう。

専門科目に強い通信制高校を選ぶ

通信制高校は、通常の授業の他にも専門科目を学ぶことができます。声優や美容師、スポーツやダンスなど、普通の高校では学ぶことができない専門科目が充実しているのが専門科目に強い通信制高校です。専門科目に強い通信制高校は、卒業後の専門学校へスムーズに進学できることもあります。「飛鳥未来学校」「ルネサンス高等学校」「ヒューマンキャンパス高等学校」は、全国にキャンパスがあり専門科目に強い通信制高校です。これらの通信制高校の中でもどんな専門科目に強いかが異なるため、比較して選びましょう。

進学に強い通信制高校を選ぶ

通信制高校に入学して大学に進学したいと考える方もいますよね。そこでおすすめしたいのは進学に強い通信制高校です。通常の授業に加えて進学コース、受験コースなど、受験勉強に特化したコースも設けられているため、効率良く勉強を進めることができるのです。進学に強い通信制高校として、「トライ式高等学院「第一高等学校」「KTC中央高等学院」などが挙げられます。教師のレベルも高いので、進学を目指す方はこれらの通信制高校に入学して損することはありません。

不登校のサポートに強い通信制高校を選ぶ

不登校のサポートの強い通信制高校とは、具体的に生徒や保護者がカウンセラーに相談することができたり、登校頻度を調整してくれたり、家庭訪問をまめに行ってくれたりと、学校に通い続けるためにあらゆるサポートを行ってくれます。「トライ式高等学院」「KTC中央高等学院」「聖進学院」は不登校サポートを積極的に行ってくれます。