通信制高校卒業でも就職は不利じゃない!

就職

通信制高校卒業後は「就職したい」と考えている方も多いのではないでしょうか。
しかし、なんとなく通信制高校は「全日制高校よりも就職に不利なイメージ」を持っていませんか?実は就職率は、卒業率や留年率に大きく関係しているのです。今回は通信制高校の就職を、卒業率や留年率の関係から紐解いていきましょう。


通信制高校と全日制高校の卒業後の違い

まず、通信制高校と全日制高校、定時制高校それぞれの就職率を見てみましょう。

  • 就職率
通信制高校 13%
全日制高校 15%
定時制高校 27%

表をご覧いただくと通信制高校の就職率が最も低いですが、全日制高校とあまり差がないことがお分かりいただけると思います。
しかし、全日制高校の就職率が低い理由は、大学進学率をご覧いただければ納得できると思います。

  • 大学進学率
通信制高校 16.7%
全日制高校 54.4%
定時制高校 13.8%

つまり、全日制高校は大学進学率が高いため就職率が低いのです。
(大学進学の詳細についてはこちらの記事をご覧下さい。⇒『通信制高校から大学進学は可能?
通信制高校も専門学校の進学率は24.4%と高いのですが、就職率、大学・専門学校進学率を合わせても50%に満たないのです。

なぜ、通信制高校と全日制高校でここまで差が広がってしまうのでしょうか?

卒業資格は通信制にも全日制にも同じ価値がある

通信制高校を卒業すると卒業資格を取得することができますが、この卒業資格は全日制高校の卒業資格と全く同じものです。
そのため、就職活動で応募資格に「高校卒業以上」と記載されていれば、全日制高校卒業の方と同じように選考に進むことができます。
また、大学や専門学校を受験する上で不利になることは何一つありませんし、大学進学後に就職活動を行う際も、通信制高校に通っていたことが不利に働くことは一切ないのでご安心ください。

面接官次第では不利になることもある

しかし、企業の面接官も人間です。通信制高校は全日制高校に比べて未だ認知度が低いため、「よくわからない」という理由から印象が悪くなってしまうこともあるでしょう。
そのため、全ての就職先に快く受け入れられるわけではないということを念頭に置いておくと割り切って就職活動を進めることができます。

「通信制高校」の卒業がプラスになることもある

しかし、通信制高校卒業がプラスになることもあります。
その理由は通信制高校の卒業率にあります。

  • 卒業率
公立 11.7%
私立 35.6%
  • 留年率
公立 28.0%
私立 12.6%

公立か私立かどうかで卒業率が異なりますが、サポート体制の整っている私立の通信制高校でも平均卒業率は35.6%です。

通信制高校は簡単に卒業できる学校ではない

この卒業率の低さから、通信制高校は簡単に卒業できる学校ではないことがお分かりいただけると思います。
しかしその分、卒業したという努力が認められやすいと解釈することもできます。

通信制高校を卒業するためにどのような点を頑張ったのかどのように勉強のスケジュールを立てたのかを伝えられると、就職の際も面接官に好印象を与えることができます。


通信制高校卒業後、就職するため3つの方法

通信制高校に普通に通っているだけでは、挫折してしまう方が多いのが現実です。ポイントは通信制高校に通うことを目標にするのではなく、卒業後何をしたいかを考え、その目標に向かって行動することが通信制高校を卒業する上で大切です。
ここでは、通信制高校卒業後の就職で役に立つ3つの方法をご紹介します。

① 手に職をつけながら学ぶ

看護や福祉、美容、ファッション、PCスキルなど専門的な知識や技術を身につけたいと考えるなら、技能連携校高等専修学校に通うことをおすすめします。
単体では卒業資格を取得することはできないので、通信制高校と共に通う必要があります。

技能連携校に通いながら高校卒業資格を取得する

技能連携校は、高等専門学校の中で高校の単位として認定されている授業を行う学校を指します。
職業に関する専門科目を学びながら、通信制高校で国語・数学・英語などの普通科目の単位を得て、高校卒業資格を取得するという仕組みです。

② アルバイトで社会経験を積む

通信制高校は登校日数が少ない分、アルバイトとの両立がしやすいことが特徴です。
全日制高校の場合拘束時間が長い分、学校内でどのように過ごすかが高校生活を決めますが、通信制高校は自分の意思次第で、どこまでも活動範囲を広げることができます
実際に通信制高校に通いながらアルバイトをしている方は多く、そのような印象から、就職活動の際には通信制高校に対して好意を示す面接官もいるのです。

③ 就職に役に立つ資格を取得する

通信制高校の中では、在学中に英語検定や漢字検定、簿記検定などの資格取得を積極的に行う学校もあります。普通科目の授業に加えて、専門授業として受講できる資格取得講座を用意している学校も多いです。

通信制高校での時間をどのように過ごすかであなたの就職が決まります。卒業後初めての就職活動。満足できる結果にしたいですよね。
高校生活は長いようであっという間に終わってしまいます。
高校生の間にいろんなことに挑戦して失敗も成功も経験できると、ライバルと大きく差をつけることができますよ。