藤枝学院高等専修学校

藤枝学院実務高等専修学校

藤枝学院高等専修学校は、高校卒業資格だけでなく、資格取得、基礎学力の定着をバランスよく目指せる静岡県の高等専修学校です。

奨学金制度も利用できるため、経済的な理由で高校に通えない方も心配いりません。

また、「学校に苦手意識は持っているけど、高校は卒業しておきたい・・・」そんな方も、藤枝学院高等専修学校なら問題なく通うことができます。

勉強だけでなく、進路指導、学校行事、サークル活動など充実した高校生活を送るサポート体制が整っています。

今回は藤枝学院高等専修学校の学費、特徴、コース、口コミなどをご紹介します。

藤枝学院高等専修学校の学費

選考料 20,000円
入学金 110,000円
施設設備費 100,000円
合計 210,000円

※ 合格者説明会前日までに納入する必要があります。

※ 入学金の内訳は藤枝学院100,000円、連携先高等学校入学金等10,000円です。

※ 施設設備費(200,000円)は、入学時(100,000円)、2年目(50,000円)、3年目(50,000円)の分納です。

授業料の内訳

藤枝学院高等専修学校授業料 36,500円
連携先高等学校授業料 8,500円
旅行行事等積立金 5,000円
授業料等+積立金合計 41,500円

藤枝学院高等専修学校の特徴

基礎学力をじっくり身に付けることができる

藤枝学院高等専修学校では基礎学力をつけることを第一に考えています。

通信制高校と聞くと、自学自習メインで基礎学力が付けられないイメージを抱く方もいらっしゃるのではないでしょうか。

藤枝学院高等専修学校は卒業を目標にする学校ではありません。生徒の卒業後の将来まで視野を広げ、社会で必要な基礎学力や一般常識を身に付けることを第一に考えています

基礎学力とは具体的には「読み・書き・パソコン・計算」など実社会で役に立つ基礎的な知識のことです。

不登校や高校中退などを経験した方は「やり直し学習」として、更に生徒の武器を見つけるためにコンピュータなど専門教育を行います。

これまで勉強に苦手意識を抱いていた方も、藤枝学院高等専修学校なら大丈夫です。個別指導と独自の学習カリキュラムで一人一人が着実に基礎学力を身に付けられる環境を用意しています。

学校行事とサークル活動で高校生活最高の思い出を作れる

藤枝学院実務高等専修学校は、高校生活最高の思い出を作ることができます。

その理由は、学校行事とサークル活動が充実しているため。

午前・午後は必修科目を学び、放課後は身体を動かす、趣味を謳歌するなど、勉強以外の活動も学校生活に組み込むことができるのです。

【サークル例】
・ダンスサークル
・コンピュータデザインサークル
・模型サークル
・卓球サークル
【学校行事例】
4月  :宿泊学習
6月  :修学旅行
10月:スポーツフェスタ、パフォーマンスフェスタ
その他

集団行動が苦手な方も藤枝学院高等専修学校なら大丈夫です。同級生にも不登校や高校中退を経験している方が多く、自然と似たような雰囲気の方が集まります。

奇抜な方は少なく穏やかで優しい方が多いため、楽しい高校生活を送れるはずです。

藤枝学院高等専修学校のコース紹介

コース名 特徴
詳しくは学校に直接お問い合わせください

藤枝学院高等専修学校の募集要項

募集学科
募集定員
高等課程情報教養科全日制3か年(中学校卒業者対象)
男女80名
出願手続き ・入学願書(写真添付)
※写真は上半身正面脱帽で、大きさは縦4cm・横3cmとし、3か月以内に撮影したもの。
・調査書(出身中学校発行のもの)
※静岡県教育委員会の様式をご使用ください。
・選考料(20,000円)
※指定の振込用紙にて金融機関より振込み、振込金受領書を入学願書に添付してください。(郵便局・農協は省く)
選考方法 国語、数学、英語、作文、面接

藤枝学院高等専修学校の基本情報

制服 あり
サークル活動 あり
学校行事 あり
インターナショナルコース 学校にお問い合わせください

藤枝学院高等専修学校のスクーリング

頻度 週5日程度
場所 藤枝学院高等専修学校キャンパス

藤枝学院高等専修学校キャンパス所在地

〒426-0017 静岡県藤枝市大手1-23-33

藤枝学院高等専修学校の口コミ

2013年度卒業生 女性
藤枝学院高等専修学校を選んだ理由は、これまで学校に苦手意識を持っていて、卒業まで通えるか不安だったからです。藤枝学院高等専修学校に入学する前は、学校は通わなければならないところ、勉強しなければならないところというイメージを抱いてました。でも、藤枝学院は無理やり勉強を押し付けることはせず、自分の趣味や興味のある科目を学ぶ時間もしっかりと設けられています。卓球サークルにも入部して、クラスメイト以外にもたくさんの友達、先輩、後輩と楽しい思い出を作ることができました。〇〇しなければ・・・と考えるのではなく、自分が何をしたいのか、なぜ学校に通うのかを入学前に考えてから学校を選ぶことをおすすめします。

2014年度卒業生 男性
藤枝学院高等専修学校に入学する前は自分の人生に何も希望を持てませんでしたし、やりたいこともありませんでした。最初は「高校は卒業しなきゃだよな」くらいのノリで入学しましたし、特に友達や高校生活の思い出を作ろうなんて期待していませんでした。でも、入学してからはいい意味で裏切られたと思います。自分が何をしたいのか、なぜ学校に通うのかは自分しかわかりません。現時点で不安を持っていても大丈夫だと思います。入学したら頼れる先生と心優しい友人が手を差し伸べてくれるはずです。

2015年度卒業生 女性
藤枝学院高等専修学校は通いやすく、いろんな個性を受け入れてくれる学校です。私は中学の頃から不登校気味で、保健室に通うだけでも精一杯でした。こんな私を受け入れてくれる学校なんてないだろうと思っていましたが、説明会で「学校に通えなかったことを後ろめたく思う必要はない。人には合う場所と合わない場所がある。それは自分にしかわからないから」