通信制高校から専門学校へ進学できるの?

専門学校

通信制高校から専門学校へ入学する際、心配なのが入試ですよね。
登校日が少ない分、「受験で不利になってしまうのでは?」と考える方も多いと思います。
しかし、通信制高校だからこそできる専門学校への入学方法があるのです。
今回は通信制高校から専門学校への入学方法と進学のメリットをご紹介します。


専門学校とは?

専門学校は少人数制の授業で専門教育を行う学校です。職業に密接した実践的な教育で、卒業後即戦力となる人材を育成します。

専門学校の学校数は大学の約4倍ですが、生徒数は大学の4分の1です。そのため、1講義の人数を減らしじっくりと理解を深めることができる「少数精鋭の授業」が行われます。

専門学校で学べる8つの分野

専門学校では大きく分けて8つの分野を学ぶことができます。分野の中でも様々な学科が設置されており、どの学科を選ぶかによって進路先も変わってきます。

分野 学科
工業分野 情報処理、自動車整備、土木・建築、電気・電子工学など
農業分野 農業、園芸、畜産、バイオテクノロジーなど
医療分野 看護、理学・作業療法、柔道整復、歯科衛生、歯科技工など
衛生分野 美容、理容、調理、製菓・製パン、栄養など
教育・社会福祉分野 介護福祉、保育、社会福祉、幼児教育など
商業実務分野 経理・簿記、秘書、経営、観光・ホテル、医療事務など
服飾・家政分野 和洋裁、服飾、ファッションビジネスなど
文化・教養分野 デザイン、音楽、美術、法律行政、スポーツ、演劇・映画、外国語、通訳・翻訳など

中でも人気の学科が医療分野衛生分野文化・教養分野です。
看護師や、美容師、デザイナーなどは専門学校を卒業している方が多く、活躍する多くの卒業生を育ててきた実績が支持されています。


通信制高校から専門学校への入学する3つの方法と対策

通信制高校から専門学校へ入学する方法は3つあります。

  • AO入試
  • 推薦入試
  • 一般入試

AO入試は3種類の中でも特に合格率が高い入学方法です。
推薦入試は「指定校推薦」と「学校推薦」の2種類に分けられます。指定校推薦は専門学校から特定の高校に推薦枠を与え、高校が推薦した生徒はほぼ無条件で合格できる制度です。学校推薦とは学校が推薦しているだけなので、合格させるかどうかは専門学校側が決めます。不登校になる可能性も十分に考えられる制度です。
一般入試は学力試験で合否を決める入学方法です。

合格率の高いAO入試と推薦入試の3つの対策

AO入試は学力試験よりも面接が中心になります。推薦入試や一般入試に比べて早い時期に行われるので、準備を早めに始める必要があります

日頃から作文を書く習慣をつける

AO入試は面接の他に小論文が行われます。小論文は練習すればすぐにできるようになるものではなく、多くの方が苦戦します。それは、普段から文章を書く癖がついていないから。
毎日異なるテーマで200~400字程度の作文を書いていれば、入試当日までにはライバルと圧倒的差を付けることができます。
継続は力なりです。実践すれば必ず成果が出るので今日から取り掛かりましょう。

実際に専門学校へ足を運ぶ

早めに志望校を決めてオープンキャンパスに行きましょう。オープンキャンパスは1回だけでなく、繰り返し行くことが大切です。モチベーション維持にも繋がりますし、学校の雰囲気を掴みやすくなります。体験授業などにも積極的に参加すればさらに面接で話す内容に説得力が増します。

通信制高校の活動に積極的に参加する

AO入試には通信制高校時代の評定も関わってきます。スクーリングには必ず参加する、レポートの提出期限に遅れないことはもちろん、学校内の活動やイベントには積極的に参加しましょう
それ以外にも普段の授業態度や周囲との付き合い方もポイントになるので、日頃から積極的に行動することが大切です。


5人に1人が通信制高校から専門学校へ進学

通信制高校から専門学校への進学率は23.8%と、およそ5人に1人が専門学校へ進学しています。全日制高校から専門学校への進学率が23%という数字を見ると、通信制高校が全く不利ではないということがお分かりいただけると思います。

通信制高校から専門学校への進学率が高い理由

大学進学率は通信制高校が16.6%、全日日制高校が54.4%と差が離れていますが(大学進学の詳細はこちらの記事をご覧ください。⇒『通信制高校から大学進学は可能?』)、なぜ専門学校では全日制高校と同等の進学率なのでしょうか?
通信制高校卒業から専門学校への進学率が高いのには理由があります。

専門学校と連携している通信制高校もあるから

その理由は、専門学校と連携している通信制高校があるからです。このような通信制高校は、指定校推薦の枠を多く確保している可能性が高く、不合格者が出にくいのです。

専門科目に強い通信制高校があるから

通信制高校では国語や数学、英語などの一般科目に加えて、調理や美容などの専門科目が充実しているところが多いです。
そのため、生徒の興味・関心も高校生活の中で定まりやすく、「もっと専門性を高めたい」という理由で専門学校へ進学する方が多いのです。