スポーツコースのある通信制高校

スポーツ、高校

2016年夏リオオリンピックが開催され、日本人は41個という過去最多のメダルを獲得しました。オリンピックやワールドカップに出場している選手を観ると、高校生から目標に向かいひたすら練習していた方が多く見受けられます。

あなたもきっとスポーツに対して思い入れがあると思います。しかし、「高校は卒業したい」という葛藤で悩んでいるのではないでしょうか。「スポーツに打ち込みながら高校卒業資格が取得できる」そんなわがままを実現できるのが通信制高校です。今回は通信制高校のスポーツコースについてご紹介します。


スポーツコースのある通信制高校

指導者

まずは、スポーツコースのある通信制高校を3校ご紹介します。

① ヒューマンキャンパス高等学校

ヒューマンキャンパス高等学校はスポーツトレーナーコースが設けられています。スポーツトレーナーコースとは、現役で活躍しているスポーツトレーナーやインストラクターの方から直接指導を受けられるコース。高校のスポーツコースだからと言って甘く見てはいけません。各地域のプロスポーツチームの現場で実習を行う、プロ選手と直接コミュニケーションを取るなど実践的な経験を積むことができます。
また、世界基準の資格やライセンスも取得できるのがヒューマンキャンパス高等学校の強みです。スポーツトレーナーに特化しているからこそ、世界100か国以上のトレーナー協会の資格を取得できます

② 第一学院高等学校

第一学院高等学校は高萩本校にスポーツコースがあります。サッカーで有名な第一学院は全国大会への出場経験も多いのです。「これまでクラブや部活でしかサッカーに打ち込むことができなかった」という方も、第一学院でなら午前から午後にかけてメインの時間をサッカーの練習にあてることができます。学校で授業を受けるのは週に1回で、後は自宅学習で済ませられるのが第一学院の強みです。
「スポーツを中心とした生活を行うことができる」だけでなく、座学ではスポーツの意味、身体や健康の知識など「アスリートとして必要なスキルを学ぶことができる」のも大きなメリットです。

③ 日本ウェルネス高等学校

日本ウェルネス高等学校は硬式野球、サッカー、バレーボール、陸上など幅広い競技スポーツに打ち込む環境が整う通信制高校です。日本ウェルネス高等学校が日本ウェルネス専門学校と日本ウェルネス大学との合同プログラムが作られています。オリンピック選手も輩出している学校と提携し、レベルの高い環境でスポーツに打ち込むことができるのです。
具体的にご紹介すると、硬式野球部は強化指定クラブとして認定され、寮や練習場の整備などがより練習に励みやすい環境で野球に励んでいます。陸上競技部では、オリンピックや国際大会、日本選手権、全日本実業団選手権など数多くの名立たる大会で実績を残している監督から指導を受けることができます。それ以外の競技にも力を入れているので気になる方は一度確認してみましょう。


通信制高校スポーツコースの光と闇

光、闇

「通信制高校出身者は世間体が悪い」このようなイメージを抱いている方も多くいらっしゃると思います。もちろん、通信制高校への評価は人それぞれです。そのため、通信制高校について知らない方はマイナスイメージを持つかもしれません
しかし、マイナスイメージを持たれているからこそ頑張りがいがあると思いませんか?卒業までスポーツに打ち込んだと伝えれば、よりあなたの人間性が光ると思いませんか?通信制高校の世間体は正直関係ありません。あなたが通信制高校で、「どのような目的を持ち、何をして過ごしてか」が重要なのです。
(参考:『通信制高校卒業でも就職は不利じゃない!』)


プロスポーツ選手も卒業している通信制高校

スタジアム、サッカー

あなたが本気でスポーツ選手を目指そうと思うのなら、今の時期から打ち込む必要があります。世界で活躍するスポーツ選手、サッカー日本代表の香川選手や柿谷選手も通信制高校に通い、学校以外の時間を練習時間に使っていました。
スポーツ選手ではありませんが、人気アイドルグループV6の井ノ原快彦(イノッチ)は20代後半に通信制高校へ編入して卒業資格を取得しました。
通信制高校にネガティブなイメージを抱いている方も多いと思いますが、中には「夢を追いかけるために」通う方も多くいます。

また、プロにならないとしても高校や大学に進学できる、あるいは就職の際アピールポイントになるなどのメリットが挙げられます。通信制高校のスポーツコースで卒業資格を取得しておけば、将来の選択肢の幅を広げることができますよね。


スポーツに打ち込みたいなら通信制高校を選ぼう

野球、スポーツ

通信制高校でもスポーツに打ち込むことができます。その理由は、通信制高校の自由度の高さスポーツに特化した専門学校との連携にあります。全日制高校では、国語や数学、英語などの一般科目で授業日程が構成されています。しかし、通信制高校は一般の学習指導要領を最低限満たしながら後は専門科目に使うことができる自由度の高い学校なのです。
また、専門学校と連携して専門科目を開講している通信制高校もあります。このような通信制高校ではスポーツのプロを講師に招き授業を行っているところが多いので、より専門的な知識とスキルを身に付けることができるのです。
全日制高校では決して学ぶことができない科目を学ぶことができます。