ぎふ国際高等学校

ぎふ国際高等学校ぎふ国際高等学校は岐阜県に本校を持つ通信制高校です。キャンパスは岐阜県内の他、愛知県の名古屋市、豊橋市にあります。資格取得や検定取得講座を行うことで、高卒資格にとどまらず、生徒が社会に出てからも活かすことのできる教育を行っています。校外学習や体験学習なども多く、生徒自身が経験、体験を通してあらゆることを学習できる教育を行っています。相談室には臨床心理士を2名置くことで、生徒が人には言えない悩みを抱えたときにそっと寄り添えるシステムを利用しています。

・ぎふ国際高等学校の学費

学校名 ぎふ国際高等学校
学費 入学検定料:10,000円
入学金:30,000円
教育充実費:70,000円
授業料:18,500円
総額 128,500円

※このほかに技能連携校で特別授業を受ける特別講座のお金や修学旅行積立金などが別にかかります。高等学校なので、就学支援金制度の利用が可能です。対象の家庭は問い合わせを行ってください。キャンパスによって募集している生徒の人数、学費などに変更がありますので資料請求を行ってください。

生徒の個性でクラス分けを行って指導を

ぎふ国際高等学校でも私服着用は認めていますが、式典などの場合のみ、制服(標準服)を参考にした式服の着用を義務つけています。クラスはクリスタルクラス、レインボークラスに、入学時に学校が個性で判断して分類を行います。染髪の制限など、クラスによってルールが変わることがありますが、これは生徒に適正なルールをできるだけしっかりと守らせるために行われていることです。アルバイトは事前に許可が必要ですが、校則で禁止されているわけではありません。

演習授業で中学のやり直しも

時間割には、正規授業と演習授業という項目があります。これは学習習熟度で決まるものですが、中学校で不登校だったなどの理由から、まだ基礎がしっかりと固まっていない生徒のための授業です。演習授業では中学校の学習を振り返って学習するため、学力に自信がない、中学校では勉強がとにかく苦手だったという生徒も突然、高校生の学習になってしまい、未習熟なまま進むといった心配もありません。週に1日から3日程度の登校日なので、体力面で不安のある生徒もスクーリングに参加しやすいという点もあります。

豊富な学校行事で貴重な体験も

遠足やボウリング大会、異文化交流旅行やテーブルマナー教室など、さまざまな体験学習、校外学習をキャンパスごとに実施しています。毎年、イベント内容や実習の内容は変わってきますが、国際交流や異文化体験旅行など、他国のカルチャーを理解する教育に力を入れていて、では韓国に実際に旅行へ行き、キムチつくりを体験するなど、なかなか自分だけでは体験できないことも学校で友達や先生と一緒に共有することが可能です。その他にAEDの利用講習や消火訓練等、実際にいざというときに知っておくといいことなどを学ぶことも多くあります。