コードアカデミー高等学校

コードアカデミー高等学校通信制高校で初めて、プログラミングを必修科目としたデジタルに特化した学校です。パソコンはもちろん、ゲームやアプリケーションはすべて、英数字を羅列したプログラミングという言語で組み立てられています。コードアカデミー高等学校では、このプログラミングコードを学ぶことのできる通信制高校です。全体の講義のうち3分の1をプログラミング講座にあてていて、初心者やまだプログラムを触ったことはないけれど興味があるという人も、最初から学ぶことのできる学校です。基本的に自宅で学習を進めて、クラウド上で管理しているグループウエアを通じた授業を行っています。非常に現代的、デジタル時代に登場した通信制高校です。


・コードアカデミー高等学校の学費

学校名 コードアカデミー高等学校
学費 入学金:100,000円
授業料:10,000円/単位
教育充実費:50,000円
総額 400,000円

※授業料10,000円×25単位分で計算しています。
※通信制高校なので、高等学校就学支援金制度を利用することができます。教材費やスクーリングでかかるお金が別に発生する可能性がありますので、必ず資料請求を行ってください。


スクーリングは年に2回

スクーリングは年に2回、本校のある長野県で行われます。夏と冬に、体験学習をメインにした集中スクーリング形式です。普段の授業はクラウドを使って行われるため、直接対面することはほとんどありませんが、お互いにネット授業では相手を知っているという状態なので、打ち解けるまでの時間も短いケースが非常に多いです。実際に先生と一緒に学校にあるパソコンを使ったプログラミングの授業以外にも、体育館で体を動かしたり、パソコンを作ったり、バラエティにとんだ時間を過ごすことができます。プログラミングという特殊に見える言語を扱っていますが、転入や編入の受け入れも随時行っております。


プログラミングを高校生で学習できる初めての高校

日本の高校でプログラミングが必修科目に入っているのはコードアカデミー高等学校が初めてです。パソコンやスマートフォンが普及したことで、ゲームやメールなどが身近になったかと思いますが、これ等はすべて、プログラムという言語が指示して動かしています。コードを学ぶことで、パソコン上で自分がやってみたいことを現実にできる喜びを学習します。またプログラムは様々な年代の人間が学習していることもあり、幅広い年代の人と会話をするきっかけも多く生まれます。普段はネット授業なので、住んでいる地域なども関係なく、自宅で学習を進められますし、クラウドなどを使って、生徒同士はバーチャルコミュニケーションを図ることができます。