今治精華高等学校

今治精華高等学校広域性通信制高校で、近くのフリースクールや学習塾で高校卒業の勉強をすることが可能となっています。協力予備校、学習塾を増やし、塾で普段のレポート学習を行うので、学習障害児童なども自分にあった方法で学習を進めることができます。指導塾との提携を行うため、進学面も安心です。今治精華高等学校では通信制課程の設置前に、不登校児童の受け入れを目的とした全日制普通科Ⅱコース設置を行い、心に傷のある生徒の社会復帰を専門に扱ってきた部署があります。全日制課程も運営しているため、学習指導や教諭の指導も安心です。卒業率も88パーセントと、入学した生徒の8割以上が高卒資格を得ています。


・今治精華高等学校の学費

学校名 今治精華高等学校
学費 入学検定料:10,000円
授業料:8,000円/単位
総額 202,000円

※授業料8,000円×24単位分で計算しています。
※高校就学支援金制度を適用させる前の学費です。給付対象家庭の場合、学費が安くなる可能性があるので問い合わせを行ってください。指導塾やフリースクールはサポート校の扱いになりますので、別途学費が各機関でかかります。学費の詳細は資料請求を行ってください。本校へ集中スクーリングを受けに行く場合は別途、参加費用がかかる可能性があります。


集中スクーリング、平日スクーリングでしっかり学習を

広域性通信制高校なので、放送視聴授業などにももちろん対応していますが、その一方、今治精華高等学校本校で行われる集中スクーリングや、普段自分が通っている塾などの平日スクーリングに参加して単位の修得を目指します。全日制課程も運営しているので、学校見学、相談なども随時行われています。発達障害児童や、引きこもり、不登校児童に注目した教育を長く行い、広域性通信制課程を開講している学校なので、このようなデリケートな生徒に関する知識も豊富です。


全国各地のサポート校に発達障害児童の専門家を

すべてのキャンパスとは言えませんが、全国各地の提携している学習塾、学習支援センターに発達障害に関する専門知識を持ち、指導、相談経験のある先生を配属させています。学習意欲や、得意な科目と苦手な科目との学習習熟度に大きな違いが出やすい場合でも、生徒個人で変わる学習障害の特徴を知った先生が指導に当たるので安心して学校へ通うことができます。今までフリースクールなどでカバーするしかなかったという家庭でも、今治精華高等学校はいち早くこのような児童の才能や特徴を活かす教育を考えていたため、そのようなフリースクールでの学習で高校卒業資格を目指すことができるのです。