北豊島高等学校

東京都荒川区にある私立の通信制高校です。全日制コースも別にあり、全日制高校では制服を起用しています。北豊島高等学校の通信課程ではコースを2つに分類し、生徒が生徒自身のペースで学習を進められるようになっています。一般的な科目をメインに学習するスタンダードコースでは、履修科目を各年次で設定をあらかじめ行われています。週に1回のスクーリングで、レポートをすすめる形です。オリジナルコースでは体験プログラムの実施や進学のために行われる受験指導などがあります。全日制高校、幼稚園を経営している学校なので安心です。


・北豊島高等学校の学費

学校名 北豊島高等学校
学費 入学検定料:6,000円
授業料:7,000円/単位
総額 104,000円

※授業料7,000円×14単位分で計算しています。
※高校なので、高校就学支援金制度の利用が可能です。対象の家庭は授業料が安くなる可能性があります。校外授業などの場合、別途参加費用がかかる可能性があります。コースや入学時期によって学費が異なる可能性があるので注意してください。


私立の教育機関を運営している通信制高校だから安心

私立の中高一貫教育を運営している高校ですので、教育機関としての施設などもしっかりと整っています。本校と通信制高校は別の校舎で学習を行いますが、体育などで必要な場合には本校の施設でのスクーリングも行われています。進学、進路相談などを行うほかに、ハローワークとの提携を行うことで生徒の卒業後をフォローする就職ガイダンスも実施されるので、卒業後にすぐ就職を希望する生徒も、安心して通うことが可能です。大学への推薦枠などもありますから、進学を希望する場合には早めに先生に相談しましょう。


スクールカウンセラーに相談できる相談室も

高校生の悩みはおそらく多岐にわたるものです。親や先生にはどうしても相談しにくいことなども生まれます。そのため、北豊島高等学校にはスクールカウンセラーを置いて、予約優先でいつでも生徒の悩みを一緒に考えてくれることとなっています。原則として予約した生徒が優先されますが、空いていれば予約がなくても利用できます。これは生徒だけでなく、保護者も利用できるものなので、親子のコミュニケーションの助けにもなるものでしょう。授業の空き時間は自習室の利用ができますし、分からない部分は授業の後でも先生に個人的に質問することができます。質問教室といって、先生が教室にいる状態での自習なども行っているので、分からないまま進んでしまうといったことを防ぐことができます。