国立音楽院高等部通信課程

国立音楽院高等科国立音楽院高等部では、音楽をメインに学習を進めることのできる学校です。通信制高校に籍を置き、高校卒業に必要な学習と並行して、プロとして活躍していた先生に、直接音楽の技術や理論などを学習することができます。普段通うのは、国立音楽院で、レポートなどの学習も、同じ学校内で進めることが可能な技能連携校です。通常の授業以外は、自分の好きな科目を自由に選択し、履修が可能になるオープンシラバスという方法で、生徒が空いている時間には、自分が大好きな音楽のことを学ぶことができるのです。将来、プロの音楽家を目指す生徒も多くいますし、卒業生にもプロとして現在活躍している生徒が多くいます。


・国立音楽院高等部の学費

学校名 国立音楽院高等部
学費 入学金:150,000円
授業料:320,000円
設備費用:220,000円
実技レッスン費用:160,000円
総額 850,000円

※技能連携校なので、就学支援金制度を利用することができません。対象の通信制高校の学費には適用されます。生徒が利用できる奨学金制度などがありますので、詳細を知りたい方は学校に問い合わせてみましょう。選ぶコースなどで学費が異なる可能性がありますので、資料請求を行ってください。


高等部でもオープンシラバス制度を利用

元々、音楽に特化している専門学校で、各学科やコースを隔てることなく、自分が学びたい科目の履修を可能としていることが、国立音楽院の大きな特徴です。この特徴は、高等部でも利用されていて、中等部、高等部の授業は自由に履修することが可能となっています。様々なことに敏感な10代の学習したい、知りたいという意欲を最大限に活かす学習を行うことが可能です。実技を磨くためのスタジオやレッスン室なども生徒は自由に利用することができるので、音楽に没頭した高校生活を送りたいという生徒には非常に素晴らしい条件の整っている学校と言えるでしょう。表舞台に立つアーティストだけでなく、照明や音響などの裏方の仕事に就きたいという生徒も多く在籍していますから、イベント制作などの実習を積むこともできます。


一般科目の授業もあるので安心

国立音楽院高等科の生徒は、ウェルネス通信制高校の生徒として高校卒業をします。そのため、国立音楽院内で高校の学習、レポートの学習の講義もありますので、音楽や芸術に関連する講義ばかりで、高校の本来すべき学習がおろそかになってしまうという心配はありません。多くの生徒が、音楽を中心としたカリキュラムは組んでいますが、通信制高校の学習もきちんと行って、国立音楽院でも生徒が高卒資格を得ることができるように最大限のケアを行っているのです。