日立工業専修学校高等課程

日立工業専修学校高等課程日立工業専修学校高等課程は、産業の発展を通じて社会に貢献するため学業に励み、心身の鍛錬に務めることを目標にしております。
ご自分の才能を伸ばし、知識や技術を習得することや、勤労の尊さを学び礼節を重んじ、誠意を持って責任ある行動をとることなども目標とされていますので、ご自分を大きく成長させることが可能となっております。
学科は、電気科・機械科・溶接科の3つのコースに分かれておりますので、ご自分の身に付けたい技術を選択して学べる環境になっているのです。
社史・製図実習・剣道(1、2年)・英会話は各学科共通で学ぶようになっていますので、お忘れなきようお願い致します。
また、日立工業専修学校高等課程では、様々な資格を取得することも可能となっていますから、将来に役立つ資格を取得したり、ご自分の興味のある資格を取得することも出来るのです。

・日立工業専修学校高等課程の学費

学校名 日立工業専修学校高等課程
学費 入学準備金:115,000円
学費:免除(学校負担)
寮費:免除(学校負担)
総額

※連携教育での科学技術学園高等学校授業料は、高等学校等就学支援金制度(2010年4月創設) を活用しています。
国の就学支援金制度により就学支援金が支給される場合は授業料(8,500円)の支払いは免除になります。


日立工業専修学校高等課程の学校行事

日立工業専修学校高等課程には、たくさんの学校行事がありますので全日制のように多くの思い出を作れる環境になっています。
社会人野球やハイキングをしたり、校外ボランティアをしたりなどなかなか経験できないようなことも経験することが出来ますので、大きな魅力ではないでしょうか。
そして、日専際という名の文化祭も開催されますので、模擬店を出して多くの来場者を迎えて楽しめるのです。
学校行事も非常に魅力的ではありますが、実はクラブ活動も充実しているのです。
クラブ活動は運動部が多いですが、新たにソフトテニス部と陸上部が出来ましたので、興味のある方はぜひ入部してみてはいかがでしょう。
勉強や行事だけではなく、クラブ活動にも参加をしてご自分の心身を育んでいきませんか。


各コースについて

日立工業専修学校高等課程は、電気科・溶接科・機械科の3つの学科に分かれています。
それぞれ学び習得できる技術や知識が異なりますので、ご自分が将来めざしたい夢に合わせて選択されるのが良いでしょう。
どの学科も実習が充実に行なわれるようになっていますから、ご自分の体で学べるようになっているのが大きな特徴だと言えます。
最初から選択できるのではなくて、1年生前期は、電気・機械・溶接全ての学科の基礎を学び、後期からどの学科で学びたいのか先生と相談をしながら決められるようになっているのです。
ですから、どんなことを詳しく学び技術を身に付けたいのか、前期で探し見つけることが出来るのです。
ご自分の興味のある学科を、日立工業専修学校高等課程で探してみませんか。