東京芸能学園・高等部

東京芸能学園・高等部東京芸能学園・高等部は、高校卒業資格を得るためのサポート校なのです。
サポート校ですので、こちらの学校へ入学すると同時に通信制高校にも入学していただくようになっております。
一人一人に合わせた学習方法で指導していただけますから、あまり中学校で習ったことを理解できていないという方でも、安心して学習できる環境づくりがされています。
学科は、芸能科とダンス科、普通科に分かれており、ご自分の目的に合わせて選択できるようになっています。
芸能界デビューがしたい方は芸能科へ、大学進学や就職を目指している方は普通科へ進まれるのが良いでしょう。
自分らしく楽しい学校生活を送ることが出来るようになっておりますので、アクティブに活動したい方やしっかり卒業したいという方には、とてもお勧めの学校となっています。

・東京芸能学園・高等部の学費

学校名 東京芸能学園
学費 入学金(3コースとも共通):50,000円
年間授業料(普通科):400,000円
施設維持費(普通科):140,000円
年間授業料(芸能科):600,000円
施設維持費(芸能科):170,000円
年間授業料(ダンス科):600,000円
施設維持費(ダンス科):170,000円
総額 590,000円(普通科)/820,000円(芸能科)/820,000円(ダンス科)

※別途、通信制高校の学費として年間約200,000円が必要になります。
(通信制高校の学費は就学支援金の対象になりますので、上記金額よりも軽減されます。)


東京芸能学園・高等部は自分らしく過ごせる

東京芸能学園・高等部では、学習する時間が週4時間程度でも充分だと言われています。
もっと勉強した方がいいのではないか、そう思われた方もいらっしゃるでしょうけれど、そんなに根を詰めて学習することはないのです。
その他の時間は、ダンスや芸能などご自分の好きなことに集中出来るようになっていますから、レッスンを優先させてそちらを進めていけるようになっています。
定期試験や宿題も一切出されませんので、ダンスや芸能に打ち込めるようになっているのです。
ですから、勉強することは苦手だし自分の好きなことを頑張りたいという方には、東京芸能学園・高等部が向いているでしょう。
ご自分の好きなことを出来ると言う環境が作られておりますので、打ち込んで多くの事を身に付けて行きましょう。


自分に無理の無い学校生活

東京芸能学園・高等部は、1時間目が10時からと決まっていますので、朝が苦手でなかなか起きられない方でも大丈夫です。
朝の通勤ラッシュの時間に巻き込まれる事も無いので、非常に通いやすくなっているのが特徴ですね。
時間割によっては午後からの登校もありますから午前中の時間を自由に使うことが出来ます。
自習時間にあてたりアルバイトをしたりと、有意義に過ごせるようになっている部分もまた、東京芸能学園・高等部の魅力なのです。
校則も特にありませんし、制服が無く髪型も自由なのでおしゃれを楽しむことも可能なんです。
高卒資格の為の学習は個別指導ですし、ダンスや芸能のレッスンは少人数制なので、先生との距離が近く気軽に相談することが可能なので、メンタルケアの面でもバッチリなのです。