神戸自由学院

神戸自由学院神戸自由学院は星槎国際高校、勇志国際高等学校、2つの通信制高校のサポート校となっています。他にも不登校児童が通うことのできるフリースクールとしても、機能している場所で、少人数制で生徒をきめ細やかに先生がケアを行う学校です。通信制高校のレポート提出に備えた学習はもちろん、ボランティア活動を行う、農業体験など、生徒が実際に体験して学ぶことを重視したカリキュラムを作っています。週に2日から5日と生徒の通いやすいペースでの登校が可能で、どうしても通学がつらい、という生徒向けのインターネット授業も利用できるなど、生徒の抱えている問題や、今できることに対して、できる限りの対応を行っています。


・神戸自由学院の学費

学校名 神戸自由学院
学費 入学金:100,000円
施設費:40,000円/半期
学費:190,000円/半期
単位修得費:200,000円~250,000円/半期
総額 540,000円~590,000円/半期

※サポート校となりますので就学支援金制度を利用することができません。また学費は半期ごとに納入する仕組みとなっています。施設費は2年目以降、6万円となるので半期3万円がかかります。分割納入なども可能なので学費に関することも含めて、資料請求を行ってください。


楽しく学ぶことを重視した教育

神戸自由学院では、楽しくなければ学校じゃない!という言葉を教育方針の一つにおいています。学校とは本来楽しいもの、通学が少しつらい、朝は眠いかもしれないけれど、学校と言う教育の場所は楽しい場所なのだということを、生徒に伝えています。そのため、体験学習や実践授業なども積極的に取り入れて、生徒が実際に経験することで学ぶということを重視しています。フリースクールですが、学校内のイベントはスポーツやボランティア活動、アートなど、幅広くなっています。レポートや机の上で行う学習ではでは分からないことも、しっかりと先生が見つめて生徒に紹介しています。


指定制服や校則はほとんどなし

もともと、生徒の自主性ややりたいことを後押しする校風であるため、制服はありません。前の学校の制服で通いたいなど、そのような制限もないですし、ピアスや染髪に関しても特に制限を設けているわけではありません。通学にもバイクや自転車も公認しています。ただし、保護者との連絡などは非常に密接となっています。毎週第4日曜日の午後には親の会を開催し、神戸自由学院に通う生徒の保護者同士が会話をするきっかけも作っています。思春期の保護者にはなかなか難しい悩みも多いかと思いますが、学校が親同士のコミュニケーションに対しても積極的であるため、親が悩みを抱えて吐き出す場所がなくなってしまう、不安なまま子供を学校へ預けておくというような心配はありません。