科学技術学園高等学校

科学技術学園高等学校科学技術学園高等学校は広域性通信制高校で、インターネット授業や通学対応の学校、昼間の定時制課程があります。創立50周年を迎える高校で、通学タイプやネット授業の他にも、サポート校に専門学校などを置いた技能連携を行うコースなど、生徒の学習や将来の希望に幅広く答えることのできるカリキュラムを準備しています。全国にキャンパスを置いているので、キャンパスが近くにあれば、住んでいる地域などに関係なく希望する生徒の受け入れを行っています。高校卒業認定試験を目指している生徒のために科目履修なども可能です。苦手な科目だけを通信制高校で、得意な科目は高認試験で受けることで、高校卒業が早まる可能性もあるので、3年生など、高校卒業間近に学校を辞めてしまったといったケースにも対応できるそうです。

・科学技術学園高等学校の学費

学校名 科学技術学園高等学校
学費 入学選抜料: 10,000円
入学金:30,000円
授業料:8000円/単位
施設費:24,000円/年
運営費:10,000円/年
総額 186,000円

※通信制高校なので、対象家庭は就学支援金制度を利用することが可能です。技能連携校に通う場合、この学費は別にかかります。ここに書いてある以外にもスクーリングなどでかかるお金がある可能性があります。詳しくは資料請求を行ってください。
※授業料8,000円×14単位分で計算しています。

創立50年の通信制高校

科学技術学園高等学校は今年で創立50年を迎えます。自分でカスタマイズして授業を決めていくので、希望進路を選ぶ際にも役に立ちますし、自分の学びたい分野をしっかりと深めていくことが可能です。創立50年を迎えるカリキュラムでは、特別授業で外部の先生を招く、予備校での進学講習会、基礎学力をしかりと生徒自身のものにするためのくりかえし学習など、工夫のされた学習方法が用いられています。実際に何年も生徒を送り出し、先生たちが触れ合っていることから、あらゆる生徒への対応を実現しています。やりたいこともある、勉強をしたいけれど何らかの理由で基礎が全く分からないという生徒には、中学生、小学生まで戻って学習を行うチューター制度などもあります。

外に出て学ぶ、スクーリングでは修学旅行も

スクーリングでは校外学習を多く行っています。実際に生徒自身が体験、経験すること、実際に生徒自身が触れ合うことで、学習への興味がわきますし、体験することでカルチャーへの理解も深まるものです。修学旅行では国際感覚を養う目的もあり、オーストラリア、ケアンズへの修学旅行もあります。ここでは本物のジャンルグルクルーズを体験することもできます。修学旅行は国内、海外のコースがあるので生徒の希望に応じて選択することとなります。体験学習なども多く開催し、学校内のイベントも盛んです。