水戸平成学園高等学校

水戸平成学園高等学校

通信制高校と聞くと、毎日登校する全日制高校に比べて「指導が行き届いていない」「一人一人を見てくれない」などの不安を抱く方も多いと思います。

しかし、水戸平成学園高等学校は通う生徒はもちろん、保護者の方にも安心してもらえるサポート体制が整っています。

個別学習指導、個別進路相談で過去に不登校を経験した方も安心して通っていただくことができます。

また、担任の先生から定期的に学習の進捗チェックが行われます。

自学自習が基本の通信制高校ですが、いつでもメールや電話で担任の先生と繋がることができます。

こまめな連絡は生徒だけでなく保護者の方にも行われます。自宅にいるだけではわからないお子様の学習状況をきちんと把握できるので安心ですね。

今回は、茨城県にキャンパスを構える水戸平成学園高等学校の学費、特徴、コース、口コミをご紹介します。

水戸平成学園高等学校の学費

入学金 0円
施設費 50,000円
授業料 192,000円
教科書代 11,065円
教育補助費 12,000円
合計 265,065円

※ 授業料は1単位8,000円×24単位の合計金額を表示しています。

※ 詳しくは学校にお問い合わせください。

水戸平成学園高等学校の特徴

7つの習慣「J」で自分の目標を見つける

水戸平成学園高等学校では、7つの習慣を基に考えられた教育プログラムを実践しています。

7つの習慣とは歴史的な偉人やスポーツ界などの様々な分野で活躍をした方々の共通する習慣をまとめた書籍です。

その内容を高校生に向けてアレンジされたものが水戸平成学園高等学校では取り入れられています。

7つの習慣の内容

7つの習慣からいくつか抜粋してご紹介します。

1つ目の習慣は、自分で選択するです。

自分の成績が悪いのは学校のせいなのか親のせいなのか、と自分自身の問題として考えられるようになります。

2つ目の習慣は、相手を理解して初めて理解される考え方です。

「どうしてコミュニケーションが上手にとれないのだろう?」と自分一人で黙々と考える前に相手の話を傾聴しようとする習慣が身に付きます。

その他の習慣は次の通りです。

  • 終わりを考えてから始める
  • 一番大切なことを優先する
  • Win-Win を考える
  • 相乗効果を発揮する
  • 自分を磨く

また、「アルバイトをしているからなかなか時間が取れない・・・」そんな方は土曜スクーリングコースも用意されています。

毎月第2、第4土曜日に通い、年間約15日程度で卒業可能です。

部活動や学校行事も充実している

通信制高校の中には部活動は全日制の生徒しか参加できない場合もあります。

しかし、水戸平成学園高等学校では平日コースだけではなく土曜スクーリングコースの方も参加することができるのです。

部活動に参加することで高校時代の仲間との思い出を作ることもできます。

部活動以外にサークル活動も豊富で、共通の趣味や夢を追いかける仲間を見つけることができます。

運動系と文化系の両方から選択できるので、身体を動かすことが好きな方も創造力を養いたい方も参加することができます。

水戸平成学園高等学校のコース紹介

コース名 特徴
平日スクーリングコース 月曜日から金曜日の週5日に登校するコースです。時間割に沿って教科学 習、基礎学習、体験学習などを行います。水戸平成学園高等学校の9割の生徒が平日スクーリングコース に通います。
土曜スクーリングコース 毎月第2、第4土曜日に登校します。時間割は単位修得に必要な回数のみで作成されているため、最低限のスクーリング日数で卒業することができます。授業は集団授業が基本スタイルです。

水戸平成学園高等学校の募集要項

応募資格 【新入生】
その年の3月に中学校卒業見込みの方および中学校既卒の方
【転入生】
現在高等学校に在籍している方(休学中も含む)
【編入生】
高等学校を中途退学した方
【科目等履修生】
・全日制・定時制・通信制高校などの高等学校に在籍する方
・高卒認定(大検)などの穂順として必要科目のみ受講を希望する方
・本校長が認めた方
募集人数 【新入生】
男・女各400名
選考方法 【新入生】
書類選考、親子面接、適性検査
【転・編入生】
書類選考、面接

水戸平成学園高等学校の基本情報

制服 あり
部活動 あり
学校行事 あり
インターナショナルコース 学校にお問い合わせください

水戸平成学園高等学校のスクーリング

頻度 【平日スクーリングコース】
週5日
【土曜スクーリングコース】
年間15日程度
場所 水戸平成学園高等学校キャンパス

水戸平成学園高等学校キャンパス所在地

〒310-0067 茨城県水戸市根本2-545

水戸平成学園高等学校の口コミ

2013年度卒業生 女性
人より身体が弱く、毎日学校に通えないことから入学を決めました。広域通信制高校ということで全国から通えること、スクーリング会場が以前旅行で行った石川県白山市だったこと、様々な要因が重なり入学に至りました。ネットコーチングから定期的に学習計画やレポートのアドバイスをもらっていたので、授業を受ける上で困ることはありませんでした。現在は地域の自治体が運営する支援施設に通い、コミュニケーションの取り方を学んでいます。徐々に資格取得やアルバイトなどにも視野を広げていければと思います。

2014年度卒業生 男性
3歳の頃から海外に住んでいましたが、中学校卒業を機に帰国しました。しかし、海外生活に慣れていたこともあり、日本の常識やマナーが分からず戸惑うことばかり。一度は全日制高校に入学しましたが、自分を休ませるためにも通信制高校への入学を決めました。自分の興味のあることを設定し、それを課題にすることができます。私は海外の文化を日本にも広めたいと考えていたので、課題に積極的に、そして楽しみながら取り組むことができました。通信制高校なので遠方からも通えますよ。

2015年度卒業生 女性
スクーリングは有名な声優さんが来たり、お箸を作って日本の伝統文化に触れることができました。とにかく楽しかった思い出があります。みんなスクーリングでのみ顔を合わせますが、変にグループができていることもないので安心してスクーリングに参加できました。紙漉きで卒業証書を作る学校はどこにもないと思います。一生の思い出が作れました。