東日本国際大学付属昌平高等学校・通信制課程

高校に入学するのに学力は関係ありません。大切なのは、あなたが高校で何を学びたいのか、卒業後どのように過ごしたいのかを決めることです。

東日本国際大学付属昌平高等学校は面倒見主義を掲げ、授業以外でも学習センターでサポートを受けることができます。

スクーリング、レポート提出、単位認定試験を徹底的に行うことはもちろん、進路に合わせて基礎学力をつける、応用力をつけるなど総合的に学習をサポートします。

先生との距離が近く楽しく学べるだけでは満足させません。一人一人の目的に合わせて学習や進路の相談に乗ることが東日本国際大学付属昌平高等学校の強みです。

今回は東日本国際大学付属昌平高等学校の学費、特徴、コース、口コミについてご紹介します。

東日本国際大学付属昌平高等学校の学費

入学金 0円
授業料(1単位) 8,000円
教育充実費(年額) 10,000円
施設充実費(年額) 20,000円
合計(25単位履修した場合) 230,000円

※ 国の奨学金制度により学費が安くなります。奨学金の支給額は保護者の所得や生徒の在籍期間、履修単位数によって異なります。詳細は面接等で案内されます。

東日本国際大学付属昌平高等学校の特徴

高校中退者や社会人も高校卒業資格を目指せる

実は高校中退や不登校を一度経験した方こそ、通信制高校の魅力を感じやすいのです。

全日制高校や定時制高校は原則週5日登校します。でも、「学校に行かないと・・・」と思えば思うほど学校に行きたくなくなってしまいますよね。

昌平高等学校は通信制高校ならではの自由な学習スタイルが特徴です。

登校しながら自分の時間を確保できるため、進路についてもじっくり考えることができますし、学習サポートを受けることもできます。

さらに、社会人として働いている方も卒業資格を目指すことができるため、スキルアップのために働きながら通う方も多いです。

進路や学習サポートが充実している面倒見主義

東日本国際大学昌平高等学校は「分かるまでとことん学べる。途中で挫折させない」をモットーに掲げています。

レポート学習、スクーリング、単位認定試験の3つでインプットとアウトプットを行っています。

レポート学習

教科書や参考書を利用してレポートを作成します。レポートは郵送で学校に送るため登校する必要はありません。もちろん直接提出することもできます。

疑問点があれば学習センターの先生がサポートしてくれるため、勉強がわからず挫折することはありません

通信制高校は自学自習が基本なので、レポート学習が重要になります。登校日数が少ないからと言って先生から放置されるわけではなく、定期的に連絡を取り、登校しながら範囲を進めます。

スクーリング

登校して先生の授業を受けます。

夏季・冬季の年に2回東日本国際大学にて授業を開催したり、学習センターでの出張授業、校外学習やホームルーム、クラブ活動を行っています。

全日制高校や定時制高校で毎日登校するのが難しい方でも無理になく登校できるのが良いですね。

通信制高校は自学自習がメインでモチベーションが下がりやすくなりますが、定期的にスクーリングを開催することで良い息抜きにもなります。

普段は顔を合わせることが少ないからこそ、机を並べ全員で授業を受けることは生徒の楽しみにもつながっています。

単位認定試験

レポートを規定枚数提出し、指定日数のスクーリングに参加したら学習の総仕上げとして単位認定試験が行われます

試験内容はレポート学習で取り組んだ範囲から出題されるため、きちんとレポートを提出していれば合格できます。

先生が範囲の中から重要な問題を厳選して作っているので、基礎学力を定着しやすくなります。

転入・編入もスムーズにできる

全日制でつまづいた方にとって他の全日制課程の高校へ転学するのはハードルが高いもの。

入学したい高校が募集をかけているか、修得単位数やカリキュラムの読み替えができるかなど立ちはだかる問題は山積みです。

転学できたとしても、受け入れ先高校でなじめるかどうか不安もありますよね。しかし、通信制高校へ転入する場合は心配ご無用です。

自学自習が基本の通信制高校で求められることはあなた自身の学習意欲と努力です。

東日本国際大学付属昌平高等学校のコース紹介

コース名 特徴
普通科・特別進学コース 20年程度の少人数クラスで編成されています。国公立大学や難関私立大学への進学を目指し、外部講師を招き特別課外授業で徹底的に受験対策を行います。全体の4割が国公立大学へ現役合格するなど高い合格実績を誇っています。
普通科・普通コース 1年次は全員共通で基礎学力を身に付け、2年次からは進学コース、総合コース、福祉コースの3種類から選択します。進路は私立大学、短期大学、福祉系大学、専門学校、就職など様々です。
普通科・体育コース 全員が運動部に所属し、体育系大学への現役合格を目指します。スポーツの分野に必要な知識やスキルを身に付け、将来のスポーツ指導者、スポーツ産業で活躍できる人材育成を目的としています。
通信制課程 高校中退者、不登校を経験した方、社会人など、事情があり学校に通えない方でも3年間で高校卒業資格を目指すことができます。高校卒業を目標とせず、卒業後の進路も手厚くサポートします。

東日本国際大学付属昌平高等学校の募集要項

出願資格 【新入生】
中学卒業またはそれと同等以上の学力があると認められる方で、高等学校に在籍したことのない方【転入・編入生】
高等学校に在籍中あるいは中退した方
出願書類 【新入生】
1、入学願書(新入学生用)
2、調査書(本校所定用紙または中学校指定用紙で作成)
3、入学検定料振込金受け取り証明書
4、写真3枚(縦4センチ×横3センチ)【転入・編入生】
1、入学願書(編入学生用)
2、入学検定料振込金受け取り証明書
3、写真3枚(縦4センチ×横3センチ)
※編入生の方は、在学証明書と成績・単位取得証明書(在籍中の学校で作成されたもの)を添えてください。
選考方法 書類選考、面接

東日本国際大学付属昌平高等学校の基本情報

制服 学校にお問い合わせください
部活動 学校にお問い合わせください
学校行事 あり
インターナショナルコース 学校にお問い合わせください

東日本国際大学付属昌平高等学校のスクーリング

頻度 学校にお問い合わせください
場所 東日本国際大学付属昌平高等学校キャンパス

東日本国際大学付属昌平高等学校キャンパス所在地

  • 事務局/いわき学習センター
    〒970-8023 福島県いわき市平鎌田字寿金沢22-1
  • 南相馬/原町学習センター
    〒975-0031 福島県南相馬市原町区錦町一丁目51番地

東日本国際大学付属昌平高等学校の口コミ

2013年度卒業生 男性
入学前は不安の方が大きかったです。しかし、先生が親身になって相談に乗ってくれたり、楽しいホームルームに参加させてくださったりと充実した時間を過ごすことができました。カリキュラムも無理なく、自分のペースで勉強できるため不登校を経験した方も大丈夫です。

 

2014年度卒業生 女性
印象に残った学校行事は蕎麦打ち体験です。蕎麦は作ったことがなかったので、わくわくしました。そば粉にお湯を数滴いれて手で素早く混ぜるとそば粉の香りが・・・。でも、そばを切るのは凄く難しかったです。職人さんは本当にすごいな~と思いました。実際に自分のそばをゆでて食べましたが、思ったよりおいしかったです。初めての経験だったけど、自分でそばを打って食べれて本当に楽しかったです。この経験を生かして、自分でいろんな料理を作れるようになりたいと思います。

 

2015年度卒業生 女性
東日本国際大学昌平高校に通うと自由な時間が増えるので、何か目標を持つことが充実した高校生活を送るポイントです。友人もアルバイトをしながら進学のために勉強したり、スポーツや趣味・特技を伸ばすことに時間を使っている人もたくさんいます。全日制高校では勉強がメインになるので、せっかく昌平高校入学するならぜひ目標と夢に挑戦してください。悩んでも先生がついています。