東京自由学院(旧・フリースピリット学園)

フリースピリット音楽芸能学園フリースピリット音楽芸能学園は、現在学校名が東京自由学院となっております。
こちらの学院は、日本初の音楽専門通信制サポート校ですので音楽業界や芸能界を夢見る生徒が、直接プロのミュージシャンからレッスンを受けられる学校なのです。
音楽について学び実践して楽しみながらも、通信制のカリキュラムに従い高校卒業資格を取得することが可能です。
大きな特徴は、やはり学院創設者自身がプロミュージシャンであることです。
選りすぐりのプロミュージシャンを講師として招いておりますので、様々な知識や技術を学び身に付けて行くことが出来る環境なのです。
音楽の道に進みたいけれど楽器の経験がないという方でも、丁寧な指導を受けられますのでご安心下さい。

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の学費

下の表は東京自由学院の学費です。

東京自由学院はサポート校なので、東京自由学院に入学するのと同時に、通信制高校(第一薬科大学付属高等学校通信制課程)にも入学することになります。

※通信制高校とサポート校の違いが分からない方にはこちらの記事で解説しています。

通信制高校とサポート校の違いとは?

学校名 東京自由学院
入学金 100,000円
学費 500,000円~
総額 600,000円~

※別途、通信制高校(第一薬科大学付属高等学校通信制課程)の費用がかかります。

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の特徴

現役プロミュージシャンから週五日教えてもらいつつ、高卒資格の取得も目指すのがメインコースです。

2016年からは、高卒資格取得の方に重心をおきながら、音楽スタジオで楽器演奏やカラオケを楽しめる「普通科コース」も新しく出来ました。

これまで東京自由学院には週五日通うコースしかありませんでしたが、「普通科コース」なら週二日の通学でOK。

プロを本気で目指したい人にも、趣味としてスキルを高めたい人にも、息抜きやストレス発散として音楽を使っていきたい人にも。

どんな人にもそれぞれ適切なコースが用意されています。

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の各コース

コース名 コースの特徴
音楽+高卒資格コース 東京自由学院の代表的なコース。音楽だけでなく声優を目指す人も通えます。午前は通信制高校の勉強、午後は自分の選択したクラスの授業を受けます。実際のライブハウスでライブ実習をしたり、オーディションの紹介など、実践を積めるのが魅力的。週五日通えることが前提のコースである点には注意。
普通科コース 通信制高校の学習やレポートなどのサポートをメインとするコース。勉強を頑張ってストレスが溜まったら、音楽スタジオで思いっきり楽器演奏、もしくは歌を歌ってスッキリして帰れるというユニークなコース。家では思いっきり楽器を弾けない人や、ヒトカラによく行く人にオススメですね。通学は週二日と週五日のどちらかを選べます。
音楽専門コース 既に高校は卒業したものの、もっと技術やスキルを深めたい人にオススメのコース。音楽+高卒資格コースと同様にライブ出演やオーディション紹介など、実践経験も積めます。通学回数は週五日のみです。
中等部 中等部は現在中学校に通えていないお子さん向けのフリースクールです。初心者から、真剣にプロミュージシャンを目指す人まで、そんな人でも通えます。
大人教室 月3回の習い事のような感覚で通えます。お子さんがどんなところで、どんなレッスンを受けるのか気になるお父さん・お母さんは、お試しで通ってみてもいいかもしれません。

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の募集要項

募集対象
  • 音楽+高卒資格コース:中学卒業済(見込み含む)の方で、高校は未卒業の方
  • 普通科コース:同上
  • 音楽専門コース:高校卒業資格を既に取得している方
  • 中等部:現在中学生の方、もしくは新中学1年生の方
出願方法 選考料二万円を納付、資料請求時に同封されている願書を提出。出願はいつでも受付。※音楽+高卒資格コース希望者のみ、調査書が必要。卒業した中学校、もしくは在籍している・していた高校に発行申請してください。
選考方法
  • 書類審査
  • 面接
  • 作文
  • 性格診断テスト(学力不問)

選考結果は郵送で1週間以内に来ます。

入学時期 随時対応

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の基本情報

制服 なし
部活動 学校にお問い合わせください
学校行事 ライブイベントなど多数
インターナショナルコース なし

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)のスクーリング

頻度 東京自由学院へは週2日もしくは週5日(コースによる)通学し、7月に第一薬科大学付属高校通信課程でのスクーリングと試験
場所 どちらも東京の渋谷駅近く

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)のキャンパス所在地

東京都渋谷区道玄坂2-18-11 サンモール道玄坂6階

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の卒業後の進路・実績(一例)

主な卒業生

  • KENN:声優・俳優・歌手として活躍。主な出演作にミュージカル『テニスの王子様』(不二裕太役)、『宇宙兄弟』(南波日々人役)、『逆転裁判5』(王泥喜法介)などがある。デビューのキッカケは学院長が紹介したオーディション。
  • TOMO-ZO:ガールズバンド「Gacharic Spin」のギタリスト。AKB48「GIVE ME FIVE!」リリース時に楽器指導をしたことで知名度が上昇。実力派ガールズバンドとしても最近注目を集めている。東京自由学院の1年生だった時は長野から通っていた根性の持ち主
  • NOCTURNAL BLOODLUST:バンドメンバー中3人が東京自由学院の卒業生。

主な進学実績一例

<音楽大学(音楽系学部、コースなど含む)>

  • 国立音楽大学
  • 武蔵野音楽大学
  • 昭和音楽大学
  • 洗足学園音楽大学
  • 尚美学園大学
  • 桜美林大学

<四年制大学>

  • 早稲田大学
  • 中央大学
  • 明治大学
  • 法政大学
  • 東洋大学
  • 専修大学
  • 明治学院大学
  • 大東文化大学
  • 駒澤大学
  • 帝京大学
  • 国士舘大学
  • 文教大学
  • 亜細亜大学
  • 二松学舎大学
  • 文化女子大学
  • 目白大学

東京自由学院(旧・フリースピリット学園)の口コミ

2010年度卒業生 女性
フリースピリット時代の卒業生なので、今の人には参考にならなかったらごめんなさい。私は「家に引きこもってるよりはマシでしょ!」ってだけで親をねじふせて(笑)通いました。プロになりたいとまでは思ってないって正直に言ってもバカにしたり、雑にしたりしない先生ばかりです。プロ目指してるって言ってる子には時には厳しいことも言うらしいけど、理不尽なこととか人間を否定するとか最悪な怒りかたじゃないから、嫌いになったりしないって言ってました。中学は辛くてずっと休んでたのに、高校はほとんどやすみませんでした。友達がいるって楽しい!嬉しい!ってこと教えてもらえて、人がいっぱいいることも怖くなくなったのもこの学校のおかげ。
2015年度卒業生 男性
ギター科を卒業しました。不登校とかで悩んでいる人が、音楽を通じて悩みや問題に、前向きになれるようにするのが一番みたいな感じがします。ここからデビューできる人は、ここでなくともデビューできるくらいやる気とかガッツある人って感じです。「俺の隠された才能を引き出して有名にしてもらえる」とか思ってるヤツはグダグダいって周りの空気悪くするだけして辞めていきます。自分はたまに弾いてみた系に投稿して、「基本はしっかりしてる」とかのコメント貰えて喜んでる程度です。でもそれ繋がりで友達ができて、世界広げてもらいました。高校中退で人生終わらないで済んだし感謝してます。