バンクーバー高等学院

バンクーバー高等学院バンクーバー高等学院は、勉強と同時に社会性のある人間を育成することを教育目標としている学校となっております。
こちらの学校は、ご自分のペースで学習を進めることのできる単位制のサポート校となっていますので、通学しやすくなっています。
日本国内に学習センターを設けてありますので、ご自分の通学しやすい場所で学習を勧められるようになっていますが、学習する場所は日本国内だけではなく、カナダのバンクーバーでも進めることが可能なのです。
日本で勉強を学んでいき、知識や社会性を身につけ立派な人間へと成長することも可能ですし、カナダへ留学をして言語を学びながらグローバル化を取り入れて成長していくことも可能となっている部分が、バンクーバー高等学院の大きな魅力なのです。

バンクーバー高等学院の学費

バンクーバー高等学院の学費は留学する場合、日本で就学する場合とで料金が大きく異なります。

詳細な学費については、必ず公式サイトで確認していただくようお願いします。

また金額の「C$」とは「カナダドル」のことを指し、時期によって日本円に換算した時の金額が異なる点にも注意です。

ご請求書発行時の三菱東京UFJ銀行のTTS為替×1.03計算にて算出させて頂きます。
消費税(GST)がかかる細目があります。
日本円に換算する場合は外国為替相場一覧表をご参照ください。
<引用元:バンクーバー高等学院公式サイト>

留学費用

10ヶ月コースのみビザ習得アリの費用です(6ヶ月以上滞在する場合、就学ビザの取得が必須だからです)。

1ヶ月コース C$4,497.50 (29日滞在、4週間就学計算)
3ヶ月コース C$10,282.00 (85日滞在、12週間就学計算)
6ヶ月コース C$18,865.00 (169日滞在、24週間就学計算)
10ヶ月コース C$30,650.00 (ビザありの場合/281日滞在、40週間就学計算)

上記料金に含まれるのは、下記の通りです。

  • 入学登録費
  • ESL学費
  • 教材費
  • 通信課程学費
  • ホームステイ紹介費
  • 空港送迎費
  • ホームステイ費
  • サポート費(後見人費を含む)
  • 手続費

ちなみに、2017年5月現在の為替相場で換算したところ、1ヶ月の留学でかかる費用は約38万8,000円。

6ヶ月で162万8,700円でした。

私も2年間海外に住んだことあり、その時の体験を元に思うのは、1ヶ月だと知見が広がる、その国の文化にきちんと触れることが出来るくらいです。

語学取得を目的とする場合なら、最低でも6ヶ月は欲しいところだと感じます(あくまで個人の見解です)。

3ヶ月でも、寝る間も惜しんで勉強して、どんどん自分から積極的に現地の人と会話し、買い物したり、新聞やテレビを見たりすれば、日常生活レベルの語学は取得可能かもしれません。

ただその場合、3ヶ月間は必要じゃない限り(手続きや連絡以外)は日本語を一切喋らないぐらいの気合が必要だと思います。

心の中での独り言でさえ英語で言うぐらいの徹底ぶりを要さないと、3ヶ月じゃ「英語で上手に道案内出来る」ぐらいかなと思います。

英語でスラスラ雑談が出来るレベルになるなら、最低でも熱心に勉強しながら6ヶ月くらいは過ごしたいところ。

しっかりその国で生活し、友達と雑談したり、ちょっと寄り道したり、「高校生らしい生活の中で英語を身につける」なら10ヶ月は欲しいですね。

(あくまで個人の見解です)

バンクーバー高等学院の特徴

バンクーバー高等学院とは、あくまで「サポート校」です。

通信制高校とサポート校の違いとは?」この記事でも書きましたが、サポート校とは塾のようなもので、どんなジャンルに強いかは各校によって様々です。

バンクーバー高等学院は、「カナダ・バンクーバーへの留学や、英語の語学取得に特化してる塾」みたいに思っておくと分かりやすいかなと思います。

カナダへ留学しながら日本の高卒資格も取得出来る

全日制高校に通っていると、カナダへの留学期間は、日本の高校では「休学」扱いになり、卒業時期がズレてしまったり、1年留年したりしないといけません。

しかし通信制高校なら、カナダへの留学期間も単位取得して認められるので、同学年の子と同じタイミングで卒業することが可能ですし、留学から帰って来て、日本の学校へ通い直す手間もありません。

バンクーバー高等学院の通い方

まず下記のいずれかの通信制高校に入学します。

  • 長尾谷高等学校
  • ルネサンス高等学校
  • 代々木高等学校
  • つくば開成高等学校
  • 相生学院高等学校
  • 神村学園高等部通信制課程

国語や社会や数学といった科目は上記で勉強します(留学中は、バンクーバー高等学院で一般科目の指導もしてくれます)。

そして留学したいタイミングで、各通信制高校とバンクーバー高等学院に申し出て、留学手続きに入ります(バンクーバー高等学院はあくまでサポート校なので、ずっと通い続ける必要はありません)。

通信制高校でも留学制度を設けている学校はあり、通信制高校に在籍しているだけでも留学自体は可能です。

しかしバンクーバー高等学院は、留学先の現地に教室を設け、現地での勉強や生活のサポートもしてくれます。

バンクーバー高等学院の各コース

特にありません。

バンクーバー高等学院の募集要項

募集対象
  • 中学校卒業(見込み含む)の方
  • 現在高校に在籍している方(転入)
  • 既に高校を退学していて、なおかつ未卒業の方(編入)
出願方法 詳しくは学校にお問い合わせください
選考方法
  • 詳しくは学校にお問い合わせください
入学時期 随時対応

バンクーバー高等学院の基本情報

制服 通信制高校によってはあります。
部活動 通信制高校によってはあります。
学校行事 通信制高校によってはあります。
インターナショナルコース あり

バンクーバー高等学院のスクーリング

頻度 週1~週5日の登校
場所 サレー市にある学校の校舎内

バンクーバー高等学院のキャンパス所在地

King George Boulevard, Surrey, BC, V3T 2X2 Canada

日本の事務局

バンクーバー高等学院
スペースカナダ留学センター 日本事務局
〒550-0002 大阪市西区江戸堀1-10-26江戸堀コダマビル
ヒラタ・アンド・アソシエイツ株式会社内

名古屋支社
TEL:052-752-7066 FAX:052-757-3664
〒464-0055 名古屋市千種区姫池通3-17-1
シェルジェ覚王山2F

バンクーバー高等学院の卒業後の進路・実績(一例)

ダグラスカレッジ大学 関西外国語大学 京都外国語大学 千葉工業大学 関西学院大学 立命館大学

バンクーバー高等学院の口コミ

2014年留学 女性
何もかも東京とはスケールが違うと驚きの毎日でした。ホームステイして感銘を受けたのは、カナダの家族はとにかくよく家族で何かするってことです。私がいったのは春~夏の季節だったから、バーベキューだキャンプだって毎週のように何かしてました。「私が日本から来てるから色々してくれてるのかな?」と思ったけど、ホストファミリーの人が見せてくれたアルバム見る限り、毎年やってるみたいでした(笑)日本に帰ったらもっとちゃんと親と話す時間を増やそうって思いました。
2013年留学 男性
世界は広いと肌で感じる3ヶ月だった。3ヶ月じゃ全然足りないほどあっという間で、充実した時間で、絶対また来ようと思った。場所によるかもしれないが治安が悪いと感じたことはないので、女性の留学先としてもオススメじゃないだろうか

バンクーバー高等学院の英語学習

バンクーバー高等学院は、1日4時限ネイティブの講師から他国の学生と共に、それぞれのレベルに合わせてクラス分けをし学習を進めていく環境になっておりますので、ご自分の学力に自信が無い方でも安心して学べる環境が用意されています。
英語学習を続けていき、どのくらい習得することが出来たのか英語のレベルチェックテストを毎月行っております。
ですから、苦手な発音や気になる英語がある場合には、しっかり指導していただけるようになっていますから、少しずつ習得していけるのです。
ネイティブの講師の方だけではなく、日本人スタッフもおりますから学校生活で何か困ったことが起きてしまった時、または英語に慣れるまでに時間がかかってしまいまだうまく話すことが出来ない方でも、話せる相手がいますので、ご安心下さい。

英語に自信が無くても大丈夫

外国や英語を学びたい気持ちはあるけれど、英語を話せる自信が無いという方でも、バンクーバー高等学院でしたら安心です。
登校初日は英語のレベル分けテストを受け、翌日からご自分のレベルに合ったクラスで英語を学べるようになっているのです。
それでも難しくてなかなか授業についていけないという方は、午前と午後に英語の授業を受けることが出来るようになっています。
午前中はネイティブの講師から、そして午後は英語が堪能な日本人講師が日本語で授業をサポートしてくれるのです。
英語力を身につければ、カナダにあるバンクーバー高等学院へ留学することも可能となっておりますので、そちらで学校生活を送ることも可能となっています。
カナダは住みやすい場所ですし治安も良いので、保護者の方も安心して見送ることが出来ます。