スクーリングなしの通信制高校はある?

通信制高校を選ぶ際、登校日数の少なさを基準にしている方も多いです。中には、「スクーリングなしの通信制高校」を探している方もいるのではないでしょうか?まずはっきりお伝えすると、スクーリングなしで卒業できる通信制高校はありません

自宅学習、スクーリングなし

しかし、通信制高校のスクーリングは全日制高校のように集団で授業を受ける場所ではありませんし、スクーリングに参加することによって得られるメリットもあります
また、学校以外の居場所を見つけることで、通信制高校に通いやすくなることも。
今回は通信制高校のスクーリングについてご紹介します。

通信制高校のスクーリングとは?

通信制高校のスクーリングとは、学校に登校し教師から直接指導を受けることを指します。
内容は、授業の疑問点やレポートの取り組み方から生活に関わることなど様々です。
全日制高校と異なり毎日通う必要はありませんが、科目ごとに出席日数が決められていて、参加しなければ単位は取得できません。
スクーリングにはいくつか種類があり、通いやすいタイプを選ぶことができます。

スクーリングのタイプ

スクーリングには大きく分けて通学タイプ、通信制タイプ、合宿タイプの3種類があります。
通学タイプは全日制高校と同じように週に5日間登校します。自学自習が苦手な方や大学進学を目指す方におすすめのスクーリングタイプです。
通信制タイプは週または月に数回登校する、通信制高校の中では最も多いタイプです。登校頻度は多くないですが、定期的に登校し友達に会えますし、教師に相談もできるため、負担を軽くして通うことができます。
合宿タイプは年に1回合宿を行い、集中スクーリングを行います。泊まり込みで行われることが多いですが、中には年に数回のみの登校で卒業できる通信制高校もあります。いずれにしても短期間で集中してスクーリングを行うため、最も登校日数の少ないタイプです。
スクーリング日数の少ない通信制高校についてはこちらの記事で詳しくご紹介しています。
⇒『スクーリング日数の少ない通信制高校特集!年間2日の登校日で卒業できる!

特別な方法で行うスクーリング

通信制高校は社会人も通うことができますが、働きながらだと平日はスクーリングに参加することはできません。そこで社会人の方に向けて土日にスクーリングを実施している通信制高校もあります。
また、体調不良などで登校できない方向けにインターネットでスクーリングを行うことができる学校もあります。

スクーリングなしの通信制高校はあるの?

自宅学習

特別な事情がない限り、スクーリングなしの通信制高校はありません。
通信制高校は最低でも年に1~2回は通わなければならないのです。その理由は通信制高校の卒業要件にあります。

通信制高校の卒業条件

通信制高校の卒業条件は「3年間の在籍」「科目修得74単位以上」「特別活動30単位時間以上」です。

科目取得74単位を取得するためにはレポート提出スクーリング単位認定試験の3つを行います。
そのため、スクーリングなしで科目修得はできません。

スクーリングに参加する3つのメリット

続いて、スクーリングに参加するメリットをご紹介します。

① 疑問を解消し授業内容を定着させることができる

自宅学習が基本の通信制高校では、授業はテキストやオンラインで進める必要があります。テキストやオンライン上では丁寧に解説していますが、独学だと疑問点が生じやすいですよね。

通信制高校では疑問点を教師に直接質問することができます。それがスクーリングの最大の目的と言われています。
素朴な疑問でも構いません。スクーリング日に積極的に質問して知識を深めましょう。

② 友人に会うことで元気が出る

学校に登校すると友人がいます。友人に会うと自然と元気が出ますよね。
通信制高校には「友人ができにくい」というデメリットがありますが、スクーリング日数が多ければ多いほど友人と会う頻度も増えて、全日制高校と同じような高校生活を送ることができます
過去に不登校を経験した方は「集団行動に慣れていないから…」と不安を抱く方もいるかと思います。
しかし、通信制高校に通う方の特徴は似ていて、協調性のあっておとなしい方が多いです。
登校していない間どのようなことがあったか情報交換をし合うのも楽しいですよ。

③ イベントや学校行事に参加できる

通信制高校にも体育祭や文化祭、遠足や体験学習があります
普段自宅で学習することが多い方にとってこのような学校行事は良い息抜きになります。
学校以外で教師や友人とコミュニケーションがとれる良い機会になるので、積極的に参加しましょう。

通信制高校以外の居場所を探す

居場所

あなたは「通信制高校に行く目的が見いだせない。でも高校卒業資格は欲しい」という理由でスクーリングなしで卒業できる通信制高校を探していませんか?

そのような方は通信制高校以外で自分らしくいられる居場所を見つけよう
居場所を見つけることで、通信制高校に通う意義も見つけられるはずです。

フリースクール

フリースクールは高校に通うことができない方向けに開校されている民間の教育機関です。
ここでは、小学生、中学生、高校生を対象に子供たちの居場所となる役割を担っています。
そのため、サポート校のように学習内容の補助を行うのではなく、生活面で子供たちの手助けとなるような活動を行っています。
レクリエーションを行う、スタッフと談笑するなどして、徐々に外へ出られるようになることを目指します。

サポート校

サポート校は「通信制高校を卒業するため」に通う方が多く、レポートの取り組み方や試験対策など学習面で支援することが目的とされています。
また、カウンセラーが常駐しているサポート校もあり、本人や家族含め相談しやすい環境です。
サポート校は単体で通っていても卒業資格を取得することができないため、必ず通信制高校と並行して通う必要があります。卒業率は上がりますが、学費は倍かかることをお忘れなく。
また、通信制高校の中にはサポート校を兼ねている学校もあるため、サポート校を検討されている方はそのような学校も視野に入れましょう。

技能連携校

個人の「好き」や「興味関心」を最大限伸ばす学校が技能連携校です。
技能連携校は通信制高校と提携して高校卒業資格を取得することができます。
技能連携校では、全日制高校では学ぶことができない専門分野を学習できるとともに、個別指導により学習や体験学習も取り入れています
このような学校に通うことで通信制高校に通う意欲がわいてくる方もいます。
ご自身がどのような分野に興味があるのかを考えてみて、通信制高校以外の居場所を見つけてみてはいかがでしょうか。