通信制高校について

通信制高校」という言葉をご存知ですか?通信制高校とは、通常の全日制や定時制といった高等学校と同等の教育や卒業資格を得る事ができる第三の学習制度の事です。ただ通信制高校に通う為には通常の学校同様に「学費」が必要となります。通信制高校にも通常の全日制高校と同様に「公立」と「私立」が存在し、また必要となってくる学費も異なります。一般的には1単位毎にかかる学費は公立が300円から1000円程度、私立が8000円から10000円程度と言われています。


・本当の意味で学費が安い学校とは

このように学費だけ見ると公立高校は非常に安くなっていますが、ただ公立高校に関してはあまり良い噂は聞きません。勿論全ての学校がそうとまでは言えませんがよく聞くのは非常に先生との交流が面談、連絡共に極端に少ないという事です。勿論通学を主としない通信制では本来真っ当な事なのかもしれませんが、そうなると高校で本来学ぶ科目を事実上全て自力で学習するような形になってしまいます。交流が無いにしても十分なサポートが受けられないような状況下ではこれらの事から大変強い意思とノウハウが卒業には必要となってくるものの、残念ながらそれを実践する事ができる方は稀なようです。

通信制高校の学生

その為学費が安い事が必ずしもベストな選択肢ではないという事を留意しておいてください。勿論家計を圧迫しない、家族に金銭面で負担をかけないといった事は非常に大切な事です。ただそれは生徒の方が学ぶべきを学びきちんと卒業できるスクールライフの中で最安値を目指す事が真に正しい意味で負担が少ないと言えるのではないでしょうか。


・通信制高校の概要

通信制高校では週5日決まった時間に学校へ登校する事が義務付けられている全日制高校とは異なり、主にレポートやテストを中軸とした自宅からの学習を主体とする学習方法を中軸としています。また多くの通信制高校では「単位制」が採用されており、正式に認可されている学校であれば「3年以上の在学」と「全74単位の習得」の二つの条件を満たす事で正式に高校の卒業資格を得る事ができます。
その歴史は実は意外と古く通信制高校の原型はコンピューターや携帯電話がまだ無い1961年頃には既にあったとされています。しかし社会的な認知度は未だ低く、多くの学校が開校したのはつい最近の事です。それでも今では全国で約18万人が通信制を利用しているとされています。

通信制高校の日常

・どのような人が必要としているのか

通信制高校は昨今「自宅に居たまま授業が受けられる高等学校」として徐々に注目を浴び出し、それに伴い需要も少しずつそして確実に増えています。これらの背景には全日制高校での人間関係トラブルやいじめ、親の度重なる転勤などを起因とした不登校や、何らかの病気で学校に通い続ける事が困難になった生徒さんの数が増加の一途を辿っているのも原因の一つです。
ただ通信制なら何らかの理由で一度は高校を退学した、または休学している人の新たな選択肢になる事が可能です。何故なら通信制高校なら自分のペースで学校に通う事が出来る上に、通常の高等学校と同等の学習を受ける事ができ、尚且つ卒業する事で社会的に高卒が認められるからです。
また最近では少しでも多く受験勉強に費やしたい学生の方が拘束時間の短い事を理由に通う事や、もう既に働いている方が資格の為に仕事の間に通うといった利用のされ方も増えてきています。

学費で選んだ通信制高校ランキング
KTC中央高等学院KTC中央高等学院は型にはまらない学習が魅力のサポート校であり、入学の際には通信制高校「屋久島おおぞら高等学校」に同時入学する事になります。
第一高等学院第一学院高等学校は「1/1の教育」を教育理念にかかげた1対1の指導を大事にしています。
ルネサンス高等学校ルネサンス高等学校ではiPadなどを利用した学習システムを採用しており、レポートの提出や先生との面談が何時でも何処からでも出来る事を強みにしています。
飛鳥未来高等学校飛鳥未来高等学校は通信制高校でありながらサポート校のような面倒見のよい学習指導をモットーとしております。
鹿島学園高等学校鹿島学園高等学校は全日制部門と併設されている珍しい通信制高校です。