通信制高校について

通信制高校」という言葉をご存知ですか?通信制高校とは、通常の全日制や定時制といった高等学校と同等の教育や卒業資格を得る事ができる第三の学習制度の事です。ただ通信制高校に通う為には通常の学校同様に「学費」が必要となります。通信制高校にも通常の全日制高校と同様に「公立」と「私立」が存在し、また必要となってくる学費も異なります。一般的には1単位毎にかかる学費は公立が300円から1000円程度、私立が8000円から10000円程度と言われています。
PCを操作する笑顔の女子生徒


・本当の意味で学費が安い学校とは

このように学費だけ見ると公立高校は非常に安くなっていますが、ただ公立高校に関してはあまり良い噂は聞きません。勿論全ての学校がそうとまでは言えませんがよく聞くのは非常に先生との交流が面談、連絡共に極端に少ないという事です。勿論通学を主としない通信制では本来真っ当な事なのかもしれませんが、そうなると高校で本来学ぶ科目を事実上全て自力で学習するような形になってしまいます。交流が無いにしても十分なサポートが受けられないような状況下ではこれらの事から大変強い意思とノウハウが卒業には必要となってくるものの、残念ながらそれを実践する事ができる方は稀なようです。

・卒業を目指せる高校を選択する

その為学費が安い事が必ずしもベストな選択肢ではないという事を留意しておいてください。勿論家計を圧迫しない、家族に金銭面で負担をかけないといった事は非常に大切な事です。ただそれは生徒の方が学ぶべきを学びきちんと卒業できるスクールライフの中で最安値を目指す事が真に正しい意味で負担が少ないと言えるのではないでしょうか。


・通信制高校の概要

通信制高校では週5日決まった時間に学校へ登校する事が義務付けられている全日制高校とは異なり、主にレポートやテストを中軸とした自宅からの学習を主体とする学習方法を中軸としています。また多くの通信制高校では「単位制」が採用されており、正式に認可されている学校であれば「3年以上の在学」と「全74単位の習得」の二つの条件を満たす事で正式に高校の卒業資格を得る事ができます。
その歴史は実は意外と古く通信制高校の原型はコンピューターや携帯電話がまだ無い1961年頃には既にあったとされています。しかし社会的な認知度は未だ低く、多くの学校が開校したのはつい最近の事です。それでも今では全国で約18万人が通信制を利用しているとされています。


・どのような人が必要としているのか

通信制高校は昨今「自宅に居たまま授業が受けられる高等学校」として徐々に注目を浴び出し、それに伴い需要も少しずつそして確実に増えています。これらの背景には全日制高校での人間関係トラブルやいじめ、親の度重なる転勤などを起因とした不登校や、何らかの病気で学校に通い続ける事が困難になった生徒さんの数が増加の一途を辿っているのも原因の一つです。

・通信制高校なら転入や編入が容易にできる

ただ通信制なら何らかの理由で一度は高校を退学した、または休学している人の新たな選択肢になる事が可能です。何故なら通信制高校なら自分のペースで学校に通う事が出来る上に、通常の高等学校と同等の学習を受ける事ができ、尚且つ卒業する事で社会的に高卒が認められるからです。
また最近では少しでも多く受験勉強に費やしたい学生の方が拘束時間の短い事を理由に通う事や、もう既に働いている方が資格の為に仕事の間に通うといった利用のされ方も増えてきています。

通信制高校の選び方

教室にいる女子生徒2人
近年子ども達の学習方法も多様化し、進路の決め方もより幅が広まっています。
高等学校を選ぶ際にも全日制の高等学校以外に通信制高学など選択の幅が広まっています。特に近年社会的ニーズが高まりつつある通信制高校は、では生徒数こそ横ばいですが、学校数は年々数を増やし、その個性も多様化しています。

参考:定時制課程・通信制課程高等学校の現状(文部科学省調査)
URL:http://www.mext.go.jp/

数ある通信制高校から自分に合った高校を選び、高校卒業資格を取得することが大切です。
では、何を基準に通信制高校を選べばよいのでしょうか?下記にて具体的な選び方やポイントを紹介します。


①「登校日」で選ぶ

通信制高校という響きを聞けば、学校へ行かずとも高校卒業資格が取得できると思われがちですが、そうではありません。どの学校でも年に数回のスクーリングには参加しなければ所定の単位は取得できません。通信制高校は自宅での自学自習とレポート提出が主な学習内容になりますが、学校によってはスクーリング以外に登校日を設定している学校もあります。

・登校日とは?

登校日は学校毎に様々です。登校日の設定がない高校や、週に1回、週に3回…中には週5回の登校日を設定している学校もあります。これは通信制高校と言えど、同じ教室で同級生と共に勉強したいというニーズがあるからこそ生まれたものです。このように登校日は学校毎に設定が違うので、自分の理想に近い学校を選ぶようにしましょう。


②学費で選ぶ

通信制高校も全日制の高校と同じく、公立高校、私立高校と分かれます。その性質は基本的には全日制高校と変わりません。

・公立の通信制高校

公立高校は公営のため、学費は安く収まります。全日制高校のような集団をまとめる施設や取組が必要ない分、全日制高校よりはかなり安い学費で高校卒業資格を取得できることは公立の通信制高校の魅力の一つです。ただし、生徒を魅了するような派手な学校行事や知特殊な行事を行っている学校は少なく、主に卒業に必要な単位取得を坦々と行っていくような学校がほとんどです。サポートサービス等が全く必要でなく、とにかく高校卒業の資格が欲しいという方は公立の通信制高校向きでしょう。

・私立の通信制高校

私立の通信制高校は私営ですから、学費は割高に設定されています。中には年間数十万の学費かかる高校もしばしばあります。しかし、その分スクーリングや学校行事に力を入れている高校も多く、例えば海外の学校と姉妹校提携を結び、留学制度が充実していたり、あるいはパティシエや美容師などの専門資格の勉強についてサポートしてくれる学校などその種類は多義に渡ります。
全日制高校よりも時間的な余裕があるというメリットを活かし、様々な体験行事を企画している高校がほとんどです。私立の通信制高校を選ぶ場合はそのような制度がどの程度充実しているのか、また、自分の興味のある分野について何かサポートしてくれるのか、などが高校選定の基準になるかと思います。


③高校の範囲設定で選ぶ。「広域通信制高校」と「狭域通信制高校」とは?

通信制高校は生徒募集の範囲設定で2種類に分けられます。
全国、もしくは3都道府県以上からの後半で生徒を募集している「広域通信制高校」と1都道府県あるいは隣接する都道府県を含めて2都道府県から生徒を募集している「狭域通信制高校」の2つです。

・スクーリングが簡単な高校

年に数回とはいえスクーリングで高校に出向くわけですから、「自宅からの距離」も通信制高校を選ぶ上で外せないポイントです。「登校日」や「学費」に加え、スクーリングの際に気軽に通える高校なのかを知っておくことはとても重要です。

・集中スクーリング

通信制高校によってはスクーリングを年数回に分けずに合宿形式で1週間にまとめて行う「集中スクーリング」を採用している高校もあります。登校日の設定がなければ年にスクーリングさえ出席していれば、あとはレポート提出で単位取得が可能ですので、遠方の学校でも無理なく高校卒業資格を取得する事が出来ます。できるだけ地域の学校に通いたくないと考えられている方も、「集中スクーリング」を採用している高校であれば実家にいながらにして、他府県の高校での高校卒業資格が可能です。中にはその高校にまで出向かなくとも、地域ごとに会場を借りて、そこでスクーリングを行う通信制高校もあるので、どの形態を採用しているのかを調べ、高校選びの参考にしましょう。


・自分に合った学校を選びましょう

通信制高校を選ぶ人の事情は様々です。これまでは不登校の生徒が行く高校だとレッテルを張られていましたが、そうではありません。夢を追いかけ、全日制高校では時間の調整が難しい生徒や、高校生の年代のときに家庭環境の変化などで退学せざるを得なくなった方の再チャレンジなど、様々な理由を持って通信制高校を選んでいます。社会もそのニーズに応えるべく、多種多様な選択肢を用意してくれています。全日制高校だけが進路ではありません。自分の将来と照らし合わせ、行きたいと思う高校があればそれがベストです。それが通信制高校であれば、その道を進むべきだと思います。選択肢が多ければ多いほど選ぶ大変さもありますが、自分の理想とする高校を見つけることが出来れば、数多くの体験が待っています。ぜひポジティブな気持ちをもってできるだけ多くの高校の特色を調べて、自分の理想にあう高校を見つけましょう。

通信制高校学費一括比較

電卓をもつ女子学生
通信制高校はただ通常の高等学校同様の学力を身に付け卒業する為の場所ではなく、あなたの悩みや卒業後の進路相談などをきいてくれるカウンセラーの方や先生、あなたの個性を伸ばし新たな才能を開花させる多彩なカリキュラムや専門分野、通常の高校では体験し難い貴重な合宿体験、そして通信制でしかありえなかった出会いといった多くの魅力が待っています。その為通信制を選ぶ上で大切なのは個性豊かな学校の中から如何にあなたにあった環境の学校に通う事ができるかどうかです。

・通信高校によって違いがある

それでもやっぱり学費がいくらかかるか、というのは気になる所ですよね。通信制高校には性質的には塾に近いような学校から殆ど専門学校のような所もあり、学校によってかかる学費や毛色が大きく異なります。また学費の内約も同じ通信制でもやっている事が全く異なる為統一感が無く、比較するのが難しい所です。そこで当サイトがオススメする通信制高校に実際に通う事になった場合どのくらいの学費がかかるのかを一覧にしてみました。閲覧者様の通信制選びの参考に少しでもなれば幸いです。


・通信制高校の学費を比べる

通信制高校にかかる料金は大きく選考費、入学費、授業費、そして教材費や施設費といった諸経費にわける事ができます。まず選考費は通信制に申し込む為に必要な費用であり、受験代などと呼ばれる事があります。入学費は名前の通り入学にかかる費用でこの場合は広義に初年度のみ発生する費用とします。また授業料は多くの場合1単位毎の料金となっていますが学校によってその計算方法は異なります。総額計算の際は卒業の条件が3年以上、74単位となっている為、初年度に「25単位」履修するのとして計算しています。なお、多くの場合別途教材費や施設費、教育充実費などが発生するものの学校によってはこれらが無い所や、かなり特殊な名称で扱っている学校もある為諸経費としてまとめます。そして総額は基本的には最低料金を前提とした価格を表示しています。これらを踏まえた上で下記の表を参考にしてください。

学校名 参考費 入学費 授業費 諸経費 総額
ルネサンス高等学校 10,000円 5万円 1万円/単 「施設設備費」20,000円
「教育関連諸費」60,000円
~260,000円
備考 初年度のみ。デジタルネット学習教材費が発生。(免除措置あり)
別途スクーリング費が有り。
総額は就学支援金120,300円を差し引いた金額です。
第一学院高等学校 10,000円 10,000円 10,000円/単 「指導関連費」30,000円
「ライブキット費」20,000円
321,000円
備考 学費は総合学科 本科「通信コース」に通ったものとする。
「スクーリング代」が別途発生
学校法人佐藤学園 ヒューマンキャンパス高等学校 15,000円 0円 8,500円/単 「施設関連費」60,000円
「教科関連費」32,000円
349,500円~
409,500円
備考 「一般通信制課程」に通ったものとする。
「スクーリング費」3万~9万円が別途発生
KTC中央高等学院 備考 ※コースにより異なる
別途入学する事になる通信制高校「屋久島おおぞら高等学校」の学費が発生
鹿島学園高等学校 10,000円 50,000円 7,000円/単 「通信関連費」2,000円
「施設関連費」24,000円
261,000円~
備考 別途「教科書代」が発生、「体験学習費」は含まないものとする。「科目履修費」9,000円/単(入学金不要)
飛鳥未来高等学校 10,000円 10,000円 8,000円/単 「教材関連費」3,000円
「施設関連費」60,000円
「教育関連費」100,000円
416,000円
備考 授業費は「ベーシックコース」に通ったものとする。
総額は12教科履修したものとして計算。
中京高等学校 13,000円 30,000円 8,000円/単 「施設関連費」20,000円 263,000円~
備考 「教材関連費」「実習費」が別途発生。
翔洋学園高等学校 5,000円 0円 8,000円/単 「施設関連費」34,000円 239,000円~
備考 「教材関連費」が別途発生。なお学費は
奨学支援金によって減額された額の開示である。
代々木アニメーション学院高等部 -円 150,000円 350,000円/年 「諸経費」20,000円 520,000円~
備考 授業費は「高等課程コース」に通ったものとする。
授業費は通信制高校学費を含んだ物とする。
北海道芸術高等学校 20,000円 25,000円 174,000円/年 「教育関連費」25,000円 244,000円
備考 授業費は「自宅学習スタイル」に通ったものとする。
芸術コースの学費はキャンパスによって異なる。
情報学館 -円 50,000円 50,000円/年 「設備教材費」50,000円 300,000円~
備考 授業費は「土曜日コース」に通ったものとする。
なお、「通信制高校学費」15万~20万円が別途発生。
司学館高等学校 10,000円 65,000円 「運営関連費」22,000円 429,000円
備考 「教材関連費」が別途必要。授業費は公式の
シミュレーターに基づき332,000円で計算。

・学費に関する諸注意

またこれらの学費は基本的に一般コースやベーシックコースと呼ばれる通常のカリキュラムを履修した際の料金設定になります。例えばベーシックコースより投稿日数の多い週2日のコースや週5日のコースを選ぶ事でもっと学費が高くなる所もあるでしょう。また専門コースを選択する事によって実習費などが別途かかる通信制高校も多くあります。

・サポート校は別途学費がかかる

なお一覧では通信制高校での卒業や学習支援を目的とした「サポート校」の案内もあわせて紹介しています。サポート校は通信制高校での学習を強力にサポートしますが、サポート校単独では高校の卒業資格を取る事ができませんので利用の際は必ず通信制と併用するようお願いします。

・「就学支援金」の対象となる通信制高校

また一部の学校は就学支援金対象校である為、申請が通れば学費の一部を負担してもらえる学校や、設定金額があらかじめ就学支援金によって安くなっている学校もあります。これらの事から一概に学費は正確な数字が算出し辛く時期やキャンパス、履修単位数や専攻コースによっても違ってくるので総額は暫定的なものとなります、その為総額は一つの参考程度にお考えください。


学費の安い高校へ資料請求する