KTCおおぞら高等学院の学費と口コミ・評判まとめ

KTCおおぞら高等学院は、登校スタイル・担任の先生・専門科目・スクーリングなど細かく選ぶことができるサポート校です。

また、卒業に必要な屋久島で行われるスクーリングでは、大自然の中での様々な体験を通して、先生や同級生との信頼関係を深めることができます。

このコラムでは、そんな「KTCおおぞら高等学院」の気になる学費と口コミと評判などについて書いています。

KTCおおぞら高等学院の学費

KTCおおぞら高等学院では、登校スタイルによって大きく学費が異なります。

また、KTCおおぞら高等学院はサポート校であるため、高校の卒業資格を取得するには提携校の屋久島おおぞら高等学校に通う必要があります。

屋久島おおぞら高等学校の学費は、初年度総額350,000円程度となっていますので、こちらと合算した金額で考えるようにしましょう。

ツーデイコース

入学金 100,000円
年間授業料 240,000円
初年度総額目安 340,000円

※年間25単位の履修を行った場合を計算しています。

ウィークデイコース

入学金 100,000円
年間授業料 480,000円
初年度総額目安 580,000円

※年間25単位の履修を行った場合を計算しています。

就学支援金を利用しよう!

KTCおおぞら高等学院の学費は、他のサポート校と比較しても平均的です。

ただ、卒業に必要となってくる年1回の屋久島へのスクーリング費用のことを考えると平均~やや高めと言えます。

また、上記の金額は就学支援金を利用する前の金額となっていますので、実際にはほとんどの方がもっと表記されているよりも安く通えるはずですよ。

KTCおおぞら高等学院の特徴

KTCおおぞら高等学院では、自分の気に入った担任を選べるマイティーチャー制度や屋久島の環境を活かしたスクーリングなど様々な特徴があります。

ここでは、そんなKTCおおぞら高等学院の特徴を大きく3つに分けてご紹介します。

担任の先生を選ぶことができるマイティーチャー制度

KTCおおぞら高等学院では、担任の先生を自分で選択することができます。

入学直後に選ぶわけではなく、登校初日から1~2週間じっくりコミュニケーションを取った後に選べるので、選択後のミスマッチも非常に少なくなっています。

屋久島あおぞら高等学校の提携校

提携校である屋久島あおぞら高等学校では、世界自然遺産でもある屋久島で年に1回スクーリングを行っています。

大自然を活かした特別活動やグループワーク、自由時間には全国から集まる仲間や先生との新しい出会いなど、ここでしか体験できないことが盛りだくさんです。

トライアルレッスンで自分の可能性を広げる

トライアルレッスンには、ヘアメイク・ネイリスト・接客業など様々な専門授業を受けることができます。

また、簿記・漢検・秘書検定といった資格科目を学ぶこともできるので、卒業後は資格を活かした就職をしたいという方にも対応しているのが特徴です。

KTCおおぞら高等学院の各コース

KTCおおぞら高等学院は、以下のような専門的な9つのコースから自分が進みたい道を選択する形となっています。

そのため、自分が芸能界でどのように活躍したいかという将来像をきちんと思い描いてから、コース選択を行なうようにしましょう。

コース名 コースの特徴
子ども・福祉コース 社会貢献や福祉系の仕事に就きたい方のためのコースです。保育士や介護士を目指すためのカリキュラムや講座が充実しており、高校に通いながら資格の取得を目指すことが可能です。
プログラミングコース その名の通りプログラミングやITに関する知識や技術の習得を目指すコースです。ロボット製作など、理系コースならではの授業もあります。
ビジネスマナーコース ビジネスマナーというよりは、接客やサービス業にに関する知識やスキルの習得を目指すコースです。グーローバルな人材を育てるための、語学系のカリキュラムも組み込まれているいます。
マンガイラストサポートスクール 夢を見つけるためでなく目指すために作られたプログラムです。漫画専門学校の「日本マンガ塾」と提携することで、プロを輩出した実践的な教育を受けることができます。
ネイルコース ネイリストを目指す方のためのコースです。座学だけでなく、ネイルサロンとの提携により、実践的な内容を学ぶことが可能です。
進学コース 大学進学を目指す人のための特別進学コース。特別な環境と仲間からの刺激で合格への意識を高められます。確かな指導力を持った教師陣が万全のカリキュラムとサポートで志望校合格に導きます。
ウィークデイコース 全日制高校と同じように、月曜日から金曜日まで通えるコース。いきなり毎日通学できるか不安な人は少しずつ登校日を増やしていくこともできます。
個別指導コース 一人一人に合わせた個別指導と独自の学習カリキュラムで、生徒の達成感や自信を貯えます。授業はもちろんメンタルサポートや進路サポートにも力を入れています。
ツーデイコース 自分のやりたいことを行いながら、週2日キャンパスで学ぶコース。登校時間も午前からと午後からで選べるため、自分の時間を優先しながら高校を卒業することができます。

KTCおおぞら高等学院の募集要項

募集時期 随時
選考方法 書類選考・面接・作文
合格発表日 選考終了後、数日以内に通知

KTCおおぞら高等学院の基本情報

制服 あり(購入自由)
部活動 なし
学校行事 あり

KTCおおぞら高等学院のスクーリング

頻度 年数日~
場所 全国

KTCおおぞら高等学院のキャンパス所在地

エリア キャンパス所在地
北海道・東北エリア 仙台キャンパス(宮城県),郡山キャンパス(福島県)
関東・甲信越エリア 宇都宮キャンパス(栃木県)・高崎キャンパス(群馬県)・川越キャンパス(埼玉県)・大宮キャンパス(埼玉県)・柏キャンパス(千葉県)・千葉キャンパス(千葉県)・東京秋葉原キャンパス(東京都)・東京キャンパス(東京都)・立川キャンパス(東京都)・町田キャンパス(東京都)・横浜キャンパス(神奈川県)・湘南キャンパス(神奈川県)・厚木キャンパス(神奈川県)・新潟キャンパス(新潟県)・松本キャンパス(長野県)
東海・北陸エリア 静岡キャンパス(静岡県)・浜松キャンパス(静岡県)・岡崎キャンパス(愛知県)・名古屋キャンパス(愛知県)・三重四日市キャンパス(三重県)・岐阜キャンパス(岐阜県)
近畿エリア 滋賀キャンパス(滋賀県)・京都キャンパス(京都府)・大阪梅田キャンパス(大阪府)・大阪キャンパス(大阪府)・神戸キャンパス(兵庫県)・姫路キャンパス(兵庫県)
中国・四国エリア 岡山キャンパス(岡山県)・福山キャンパス(広島県)・広島キャンパス(広島県)・高松キャンパス(香川県)・松山キャンパス(愛媛県)
九州・沖縄エリア 小倉キャンパス(福岡県)・福岡キャンパス(福島県)・佐賀キャンパス(佐賀県)・熊本キャンパス(熊本県)
海外エリア バンクーバーキャンパス

KTCおおぞら高等学院は、上記のように全国38箇所+海外1箇所にキャンパスがあります。

もし、各キャンパスの住所や郵便番号といった詳しい情報が知りたい方は公式ホームページや資料でご確認ください。

KTCおおぞら高等学院の口コミ・評判

2011年度卒業生 女性
KTCでは福祉コースを選択しており、現在は保育士として働いています。入学当時は将来子どもと関わる仕事に就けたら良いなぁくらいの気持ちでしたが、在学中に保育士の仕事に就くんだという強い意思を持つようになりました。現在自分の将来像が明確ではないという方でも、学生生活を通して自分の進みたい道を見つけられる学校です。
2014年度卒業生 男性
以前通っていた学校は勉強ばかりで、毎日学校に行くのが憂鬱でした。でも、KTCおおぞら高等学院に通うようになってからは、日々の登校が楽しいと思えるようになりました。勉強についても自分のペースで無理なく進められたので、無事第一志望の大学にも入学できました。
2013年度卒業生 女性
人見知りで初対面の人と話すのが苦手でしたが、ここでの生活を通して誰とでも楽しくコミュニケーションをとることができるようになりました。これも、担任の先生や友人といった周囲の人々のおかげだと思っています!

KTCおおぞら高等学院は、生徒の可能性を広げられるサポート校として評判です。

幅広いコースや様々な体験を行えるトライアルレッスンなど、生徒が自分自身で進みたい道を決められるように多くの選択肢が用意されています。

また、担任を指名することができるマイティーチャー制度も自分が話しやすい相手を選べると生徒にも好評です。

まとめ

KTCおおぞら高等学院は、生徒がなりたい大人になれるように全力で応援してくれるサポート校です。

入学時に既になりたい自分が決まっている方はそこに向かって全力で進めるように、将来どうなりたいかが決まっていない方には学生生活を通してなりたい自分を見つけられるように全力でサポートしてくれます。

ただ、こちらはサポート校なので提携校である屋久島おおぞら高等学校のことなども考えなければならず、簡単に入学を決断することは難しいとは思いますので、資料をじっくり読んでから検討するようにしてくださいね。